スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

カナダジュニア代表

大した話ではないけども、一応。雑談っぽくなってる



Juniors drop final spring game(Baseball Canada)
カナダのジュニア世代がトロントやタイガース、ナショナルズといったチーム(クラブチーム的な)と対戦してきたようです
9月にコロンビアで行われる大会と2012年の大会へ向けての強化合宿ということで、この後ドミニカサマーリーグ(MLB球団の育成組織)のほかキューバやアメリカ代表ともやるみたいですね。
しかし、育成年代でしっかりと代表を組織し遠征、長期的・計画的な強化が行われていて素晴らしいね。
近くに対戦相手がいるってのもあるんだろうけどさ

「日本代表、海外遠征で武者修行?」
関連するかさっぱりですが一応こんな記事を前に書きましたが…まぁ、ジュニア世代じゃないけども
長期的な視野で代表を強化する、有望な選手に経験を積ませるってのを日本ももう少し力入れてほしい

特に甲子園を中心とした強化策だとエリート育成ってのがなかなか難しいんじゃないかな、ただでさえ甲子園があるからこそ世界大会を経験させてあげられない矛盾が生じているのわけですし
エリート育成のプログラムをプロアマ協力してできればもっといい選手が出てきそうなもんだけどね
ただでさえ、プロ関係者のアマ選手指導が制限あっていい選手が出にくい環境なだけに代表を使った強化策ってのは魅力的


現状の国際大会というのは選手を出場させるだけっていうものなので、なんともいえないけど

そういや、今日、朝の8時ごろ、桑田がドミニカの野球を見て回るっていう番組がありましたけど、あれでもアカデミーを取り上げてましたね
質の高い選手を質の高い環境下で育てる。アカデミーやサッカーのユースや福島のなんとかを作れっていうわけではないけど、代表を通して選手を中長期的に育てるってことはできると思うわけだ

五輪があったときは小久保や松中など代表育成プログラムとして、コーチの下、科学トレーニングを本格的に取り入れたりしていって、育った選手などいましたしね。
国際大会(試合)経験だけでなく、質の高い環境で精鋭をトレーニングをさせることの大切さってのがわかるはず

日本野球界ももっとそういったことができれば全く違ったものになると思うんだけどね

エリート育成も下の育成も両方できればなぁ、と。まぁ、無理なわけだが、悲しいかな。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。