スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:CPBL 4/17 兄弟象vs統一獅

なんか日本も台湾もいい試合が多いね




兄弟象統一獅
1番:CF張 正 偉1番:RF劉 芙 豪
2番:RF張 志 豪2番:CF楊 松 弦
3番:DH周 思 齊3番:DH郭 岱 
4番:LF陳 冠 任4番:3B張 泰 山
5番:1B張 民 諺5番:1B高 國 慶
6番:ST王 勝 偉6番:CF朱 元 勤
7番:2B蔡 明 覺7番:C高 志 綱
8番:3B黃 仕 豪8番:ST許 聖 杰
9番:C葉 君 璋9番:2B林 志 祥
SP葉 詠 捷SP羅 伯 特


試合詳細(CPBL)

○試合内容
6回に連打を食らって、3回の失点と合わせて4失点と振るわなかった羅 伯 特
統一獅は8回代わった菲力普から張泰山がライトへの犠牲フライ、2死1・2塁で高 國 慶が左中間への3ランHRで同点
しかし、9回兄弟は左腕徐 余 偉から張正偉が四球で出塁し、張志豪の左中間を破るタイムリー(打者走者は3塁へ激走もアウト)、さらに3番周思齊のライトへのHRで7-5と勝ち越し

だが、統一獅は1死2・3塁から劉 芙 豪のタイムリー2塁打でまた同点に
兄弟は菲力普をあきらめ羅國華に代えるも、劉 芙 豪に3盗を決められた後、莊景賀のライトへのタイムリーで統一が7-8でサヨナラ勝ち


○選手評

兄弟象

・葉 詠 捷
全体的に球が高かったものの、抑えてはいた。
カーブとチェンジが要所で決まっていたけど、左にはストレートがやや真ん中に行っていた気がします
しかし、左には内角のスライダーをしつこく投げ込み打撃を崩していました
また、統一打線は大きく割れるカーブに手こずっていた

・葉丁仁
先発から中継ぎへ
中継ぎのほうが落ち着いて投げている気がします、特に左相手に低めにしっかり投げ込めているのが好印象
貴重な左腕となってくれるかな?フィリップさんもダメだったことだし、なおさら

・菲力普(Philip Barzilla)
Philip Barzilla ⇒ アメリカ時代の成績(thebaseballcube.com)
マイナーでは中継ぎも先発もやってますね、特にいいってわけでもないけど。メジャーでも登板してますね、1試合、それも1ヒット打たれただけで終わてますが…以後、マイナーでもぱっとせずにメキシコでプレー。そこでもすぐ切られてますけど

左のスリークォーター
120kmくらいのカーブ、125kmチェンジアップ、130km前半のストレート
低めには来ていたけどストライクゾーンに集めすぎていたのと、空振り取れそうな球も見当たらなかった
そのため低めに来た変化球でもしっかり捉えられていた(特に右打者)ので、大量失点(7失点かな?)も納得ですね
ストレートがもっと安定してくるとまだましなのかもしれないけど、チェンジとカーブがあんまし区別つかないような変化の仕方で球も大きく動くわけでもないし、フォームが見にくいなどいやらしい癖があるわけでもない
厳しそうです、正直

統一

・羅伯特
今日の彼は右打者に投げるインスラが効いていたが、左打者には速球系が真ん中寄りに集まっていたのとスライダー系がやや高かった
6回の場面ではかなりもたついてましたね、走者だしてきにしすぎてスライダーが引っ掛かってましたしストライクとボールがはっきりしだしましたのでそこが残念でした

・張志強
右のサイドハンド、っていうしかない

・潘 俊 榮
わかりやすく説明すると内海のような投球フォームですがこれといった特徴も球もない凡P
左肩を3塁方向へ入れすぎているから全体的に右には内角寄り左には外寄りに球が集まる傾向があるし走りも制球よくない
120kmくらいのスライダーとチェンジ、100kmくらいのカーブ、130kmくらいのストレートをストライクゾーンにどんどん投げ込む

○試合感想

2試合連続でサヨナラ勝ちを収め、兄弟とのゲーム差も大きく広げる、統一獅は一時は負けかと思われた試合だけに大きい勝利だと思われる
しかし、あんなにぼこぼこ打たれた中継ぎ(菲力普)を続投させるってのも勇気あることだよね、兄弟も
毎回、李 風 華にイニングまたがせる、ってわけにもいかないからそりゃしょうがないけど

○おまけ
途中で出てくる、右P(背番号:38)が統一の先発、羅 伯 特 です




管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。