スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:CPBL 4/3  桃猿 vs 統一獅

今回は短いです


統一獅桃猿
1番:RF劉 芙 豪1番:CF 智 堯
2番:CF楊 松 弦2番:2B郭 嚴 文
3番:ST陳  基3番:3B林 智 勝
4番:3B張 泰 山4番:DH陳 金 鋒
5番:LF潘 武 雄5番:C林 泓 育
6番:1B高 國 慶6番:RF鍾 承 佑
7番:DH陳 連 宏7番:1B石 志 偉
8番:C高 志 綱8番:LF蔡 建 偉
9番:2B林 志 祥9番:ST郭 修 維
SP羅伯特SP悍猛


統一はLF郭 岱 が怪我で2軍、潘 武 雄が数日前に復帰してスタメンです

また、桃猿はマイナー帰りの郭 嚴 文が昨日から試合に出てますので、2Bをどちらかと言えばメインに守っていた郭 修 維がSTやってます。まぁ、STでも大きく崩れた感じは見受けられないので大丈夫でしょう、守備負担が増えて打撃が崩れなければいいのですが


試合結果(CPBL)

○試合内容
HRでの失点や連打を食らうも粘ったレイチェートと5回にいきなり大量失点したハモンドの違いというところかな?

○選手評

・悍猛(Steve Hammond)
アメリカ時代の成績 ⇒ Steve Hammond(thebaseballcube.com)
AAAレベルでは少々厳しかったみたいですね

ハモンド、左のスリークォーター・・・サイドかも
130km半ば~140km前後のストレート、125km前後のシンカー、130km前後のカット、120kmスライダー
ストレートとシンカーがメインの組み立て。カウント球にもシンカーを使うのが特徴でしょうか
ストレートは球速以上に早く感じるが、左のグラブをやや高めに構えるからでしょうか、制球が大雑把で全体的に球が高めに集まる傾向がある。
左右の打者問わず緩急や幅を出すためにもスライダーをもっと使ってカウントを整えられないといけないかと。
5回に崩れたときも外角寄りの高めにいった甘い速球が打たれてました


○おまけ

郭 嚴 文&陳  基について簡単な経歴紹介動画を







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。