スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:CPBL 3/26 兄弟象 vs 桃猿

簡単な動画入れてみました、というか文章だけじゃ伝わらないよね、すんません・・・


26日

○オーダー

兄弟象桃猿
1番:CF張 正 偉1番:CF 智 堯
2番:ST陳 江 和2番:ST郭 修 維
3番:DH陳 冠 任3番:3B林 智 勝
4番:1B彭 政 閔4番:DH陳 金 鋒
5番:LF周 思 齊5番:RF鍾 承 佑
6番:3B陳 威 儒6番:1B石 志 偉
7番:RF張 志 豪7番:LF蔡 建 偉
8番:C陳 智 弘8番:C黃 浩 然
9番:2B蔡 明 覺9番:2B葉 竹 軒
SP 菘 瑋SP黃 欽 智


○投手

兄弟象 :  菘 瑋 ⇒ 羅 國 華 ⇒ 李 風 華 ⇒ 黃 佳 明 ⇒ 鄭  鴻
桃猿 : 黃 欽 智 ⇒ 郭 建 宏 ⇒ 林 敬 民 ⇒ 耿 伯 軒

○試合結果 : 兄弟象 2-9 桃猿

○試合内容

1回裏
郭 修 維がど真ん中のストレートを打ってセンター前ヒットで出塁、陳 金 鋒が四球で出塁し二死1・2塁。次打者の鍾 承 佑が内角に入ったカーブを打たされて三ゴロもサードがエラーし、その間に走者が生還
幸先よく先制(スコア:0-1)

3回裏
一死から林 智 勝が外角のスライダーを打ってライトオーバーの2塁打、続く、陳 金 鋒は勝負を避けられ四球
一死1・3塁で5番鍾 承 佑がサードゴロもサードがまたもやはじいてタイムリーエラー(スコア:0-2)

5回に走者をためて兄弟象SP 菘 瑋 ⇒ 羅國華、なんとかしのぐ

6回表
兄弟象の攻撃、トップの張 正 偉が出塁し2番陳 江 和がランエンドヒット。センターよりのレフト前ヒットで走者1・3塁。ここで桃猿は投手交代 ⇒ 郭 建 宏
一死1・3塁で彭 政 閔がセンター方向へ強烈な打球。マウンドにあたり、レフトへ打球が転がる間に走者生還(スコア:1-2)
ここでまた、投手交代 ⇒ 林 敬 民 走者を四球でためて押し出してしまうも、後続を断つ(スコア:2-2)

7回裏
桃猿トップバッターの 智 堯が出塁し、2番がバントし、3番林 智 勝が外角のストレートを打ってライト前ヒット、2塁走者の 智 堯が一気にホームへ。
いい返球が来るも捕手の股の間にスライディングで足を通して、セーフで桃猿勝ち越し(スコア:2-3)
(代打だったかな)林 泓 育がポテンヒットでつづく、さらに、鍾 承 佑がまたまたサードゴロもまたまたエラーで満塁に

投手交代 ⇒ 李 風 華も石 志 偉に押し出し、黃 浩 然が真ん中高めの速球系の球を打ってレフト線へのタイムリーで一気に突き放す桃猿(スコア:2-6)

投手交代 ⇒ 黃 佳 明。以後、彼が打たれて2-9に。兄弟はエラーで崩れてチャンスで打てず、継投で逃げられるという展開でしたね。

○選手評

兄弟象

・ 菘 瑋
マイナー帰りらしいです。右のスリークォーター。130km前半の速球とシュート?に、120km前後のスライダーとチェンジアップを投げる。横の幅を使って打ち取るタイプだと思われる

しかし、球速が思ったより遅い感じだし、チェンジとスライダーが似たような変化しかしないのでストレートとスライダーだけって感じですね。そのスライダーも曲りが小さいのと大きいので使い分けるわけでもなく、速球系の球を左右の打者の内角に投げ込んでカウント稼いで投球に幅を出すというわけでもない。

おまけに、コントロールもさしてよくない上に走者をだすとさらに雑な感じになり、シュート回転するようにストレートが中に入ってくる。この試合は、雨が降ってたのでマウンドが合わなかったり、味方が雑な守備見せてましたけどね。

それを差し引いても期待外れだったかなぁ。
カットとフォークがほしい感じです。左右の打者にスライダー以外で空振りが取れる球としてフォーク、カットは彼のスライダーがカーブのような球なので、スピードと曲りに変化を付けるためにカットが必要なんじゃないかと

・黃 佳 明
投球内容見る感じは右の速球派・・・?なのか?135km前後のストレートと120km前後のスライダー、さして球速くないしコントロールも別に、なんですが。


桃猿

・黃 欽 智
近年は先発やったり中継ぎやったりいろいろみたいですね。189cmの長身のからオーバースローで投げる左腕
若干フォームが2段モーションっぽいのが特徴で右手引くときに横に振るような感じで、前の膝も割れているように見える。
長身から投げおろすからなのか135km前後の球速表示以上に打者は早く感じているようで、結構速球系に振り遅れていたのと建てに落ちてくるような125km前後のスライダー系の球に振らされていた。あと、クイックは遅い

・郭 建 宏
去年は中継ぎで49イニングみたいです。トップを早く作るタイプの右腕で、左のグラブを3塁方向へ前に出しながら軽く引いてくる感じ。打者は見にくいかもしれませんがコントロールが良くないから意味ないか
130km前後の速球と120kmのスライダーとチェンジも投げていたでしょうか

・林 敬 民
130km後半~140km前半の速球にシュート、スライダーを使うオーソドックスな右腕。
コントロールがさしてよくないっていうくらいかなぁ・・・

・耿 伯 軒
彼も元マイナーでしたよね
右のスリークォーター(腕に位置は結構低め)体ががっちりしていて、たしか100kgかそれ以上ある。
ただ、タイプ的には球威で押すタイプではなく、球の出し入れで勝負する。台湾のチャット見た感じ劇場型の抑えと言われているみたいです。四球を出すタイプではないですけど

まぁ、台湾の中継ぎは結構イニングまたぐことが多いですしからなんともいえないのですけど・・・

で、投球内容的には125km前後のシンカー、120km台のカーブ、120前半のスライダー、130km前半の速球ですかね
特に左打者の外角にシンカー、カーブを投げて空振りとってカウントとって、とできるのが特徴でしょう
調子がいい時は、いい選手だと思いますが、速球系の球は甘く入ることもしばしば。




○感想

林 智 勝は抜けてますね。第1打席に 菘 瑋のスライダーを打ってライトフライでしたが、第2打席では同じような球を打ってライトオーバーの2塁打、次の打席でも速球をライトへ逆らわずはじき返すヒット。

彭 政 閔はここ最近、見ていて思ったのはタイプ的には、キム・テギュンという感じですね。
打撃フォーム見ても内角の速球系にどちらかといえば詰まらされるタイプなのと、センターから右方向へはじき返す打撃が似ている気がします。

陳 金 鋒は勝負してくれないので参考にはできませんけど、その存在感・選球眼はさすが。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。