スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

国内復帰しそうな台湾の海外組をリストアップしてみた

クビになりそうな、は嫌だったので。



◯アメリカ組

陳鴻文

成績詳細
動画1動画2

もう既に国内復帰を決めた選手。150kmを超える速球とツーシーム,スプリットが武器の右腕、CubsのAA~AAAに加え、昨年はMexicoのPiratas de Campecheへも派遣されたことがある
(台湾出身選手の中では比較的いいほうだと思いますが)制球力と速球で押す投球スタイルに限界があったため、きっぱりと諦め帰国を決意
今は兵役を受けるために國訓隊へ参加し練習を続けて、その後CPBLドラフトへかかるのでしょう
(プロからアマへ行く際の制限があるため実戦登板は3ヶ月後となっています)

羅嘉仁

成績詳細
動画1動画2動画3

08年の五輪最終予選や09年WBC代表としても活躍した速球派右腕、145~150km前半の速球に120km前後のスライダーを中心にチェンジアップなどを織り交ぜる投球スタイル。
しかし、ここ2年ほどは肘の怪我の影響でまともに試合で投げられず年齢的にもやや厳しくなってきた
今年は大事なシーズンに

羅國輝

成績詳細
動画1動画2

中華隊の主砲。期待されてはいたがAAレベルを超えられずもう26歳になり解雇か?と言われていた最中、昨年11月に行われたMLB選抜VS中華隊の試合で左足の脱臼及び骨折という大怪我を負ってしまう。特別な試合での骨折ということで面倒は診てもらうことに、復帰は7~8月頃の予定。
去年CPBLドラフトにかかるのか?と話題にもなった選手で今季国内復帰の可能性が高まった

張耀文

成績詳細
動画1

まだ若い右腕ですが怪我でここ1年登板していないことに加え、かなり残念な成績で危険な状況

郭勝安

成績詳細
動画1動画2

3/31にCOL傘下A+から解雇され、今後はアメリカ独立リーグでプレーすることに
Atlantic League、Frontier Leagueの名前が上がってますが今のところ正式な情報は見当たらない

胡金龍

成績詳細
動画1動画2

LADのプロスペクトとして期待されていたもののメジャーでは守備・打撃・走塁どれも通用せず、その後NYMへ流され解雇。調整とアピールの場を兼ねてAustralian Baseball League(ABL)に参加。ABLでは目立った成績は残せなかったが2012年シーズンはCLEとのマイナー契約を結ぶことになった…が、身体検査に引っかかった(ということになって)契約は結べず
アメリカで野球を続ける意向を示し、Atlantic LeagueのBlue Crabsに入団が決まったらしいですがこちらも公式HPを見るかぎりそれらしき形跡が見当たらない

近年の落ちぶれ方が激しかったせいなのか、スイッチの練習をするなどだいぶ迷走している

羅錦龍

成績詳細
動画1動画2動画3

198cmの長身から投げ下ろす150km前後の速球と大きいカーブ、チェンジアップが持ち味
台湾の投手の中では珍しいAAAの経験もある選手、代表では主に中継ぎ・抑えでの起用が多い

今季はAtlamtic LeagueのLancaster Barnstormersでプレー。国内復帰には金銭・生活面から消極的なものの可能性はある

◯日本組

蔡森夫

動画1動画2

千葉のなぜ獲得したのかよくわからない育成選手。長距離砲として期待されて入団するも試合に出して育てている気配もなく、そもそも台湾アマ時代に派手な活躍をした選手でもないみたい
国内復帰の場合は古巣の合作金庫に行くんでしょうか

林威助

動画1動画2

阪神の永遠の若手といえば、桜井とウェイツーでしたが片方は解雇。

(他にもいるでしょうけど)おおまかに選手名を出せば2軍には打撃型なら新井良,野原将,森田。新人の伊藤隼もいますし、(怪我さえなければ)狩野もいる。1軍でも計算できる選手ならば守備がいい浅井,内野で複数ポジションをこなせる関本

左打ちで守備も悪く怪我がちなLF(1B)、近年の成績と年齢を考えてもかなり厳しい。
今年が最後じゃないかなと思ってます、よっぽど2軍に選手がいないとか怪我人が多いとかならまた別なのかもしれませんが

陽耀勳

動画1動画2動画3

こっちももうダメかなぁ…と思っている選手。150km前後の速球を放る力はあるもののノーコン。中継ぎでは球が速い割にはしっかりと運ばれるので使いにくく、先発でもノーコン過ぎて球数がかかって抑えられない

今季のホークスは先発投手の柱が3枚も流出したのでチャンスはないとは言えませんが、外国人扱いで枠を考えても非常に使いにくく、去年のオフにメジャー挑戦を要求したりと印象も悪いし年齢ももう30近いんですね。
よく今まで持ったほうだと思います、正直な話

王溢正

動画1動画2

陳冠宇の話し相手としての獲得ですよね、おそらく。ただ、2軍でも(四球・被安打はどうなのかって気もしますが)そこそこなのでチャンスはあるかもしれない、横浜は上にいる外国人投手がブランドン,ハミルトン両方とも下に落ちてきても全く不思議じゃないので

しかし助っ人に求められる即戦力としての役割は果たせていないことに加え年齢的にも厳しい
安いから残しますというのはあるかもしれませんが、今年が最後と見るのが普通

蕭一傑

動画1,動画2

ドラ1での指名(日本人扱い)&下で成績残している先発投手なので限りなく可能性は低いものの、突出したものがなく上でできるのか微妙な選手だと認識しています
阪神というどちらかと言えばチャンスが少ないうえに結果がすぐに求められる球団にいるのも厳しいかなと。

今季の解雇はないでしょうが、大穴狙いで

WBCに出場したことがない中米と南米の国でU-18代表を編成できるのはどこですか?ニカラグア、グアテマラ、ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、コロンビアぐらいですか?

2012.04.08 17:46 アルザス #- URL[EDIT]
アルザス様

コメント返信遅れてしまいまして大変申し訳ございません
コメントありがとうございます、アルザス 様


WBCに出場したことがない中米と南米の国でU-18代表を編成できるのはどこですか?ニカラグア、グアテマラ、ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、コロンビアぐらいですか?

キュラソーが今年から単独で正式に国際大会に出れるのでキュラソー、あとは、エルサルバドル、バハマ、米バージンも強いかどうかは別として可能です(国際大会行く金が無いとかそういうのはわからないんですけども)

2012.04.12 00:10 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。