スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:各球団の助っ人情報

わかりやすく説明しているつもりだけど、逆にわかりにくいかも??



選手の名前はBaseball-ReferenceやFanGraphsなど成績詳細を載せているサイトにリンク
気になったら、各自確認してください


・兄弟象

去年は開幕から助っ人がコケる中、ローテを守りぬいたエースの羅曼(Orlando Roman)が東京Ysへ移籍
さらに、前期途中加入ながらシーズン通して安定した活躍だった泰勒(Tyler Lumsden) とは契約できず

先発の柱2枚が抜けた今年は、2010年度の台湾シリーズMVPを獲得し韓国へ行っていた麥格倫(Jim Magrane)を復帰させ、また、これまで守護神を務めていたが怪我の影響で球威が衰え去年シーズン途中に解雇になった庫倫(Ryan Cullen)が再度チームに復帰。
(去年はチーム事情で先発に回されて怪我もしたが今季は中継ぎ・抑えでいくようです)

残りの枠を去年の後期シーズン途中加入した高米茲(Ricardo Gomez)、2011年に横浜で2試合ほど登板した左腕の岡薩雷茲(Luis Gonzalez)、Padresにてメジャーで3試合投げたこともある卡雷洛(Cesar Carrillo)の3名にて争うことに

ブルペンでの投球を見ている段階で、あとはOP戦での結果・内容で決めていくとのこと


・統一獅

後期シーズン途中加入の邁克爾(Seth Etherton)は古傷の背筋痛など身体的に不安があるために契約更新せず、先発の柱として1年間ローテを守りチームの優勝に大きく貢献した羅伯特(Daniel Reichert)は30半ばで高齢・糖尿病持ちということから契約更新をしない方針

ただ、高齢で後期シーズン怪我で1ヶ月ほど離脱し台湾シリーズでも投げなかった元日ハム(楽天E・横浜など)の格林(Ryan Glynn)は後期シーズンで抜群の成績を残したことが認められ残留することに

枠がだいぶ空いたわけですが、現在のところ名前が出ているのは
元オリックスBsで抑え・中継ぎをやっていたJon Leicester、2010・11年広島にて1軍でときおり先発していた左腕のDioni Soriano、東京Ys⇒楽天Eの投手でこの間入団テストを受けた鎌田祐哉といったところ

まだ、(日本球界経験者などを中心に)投手を探しているようです


・桃猿

エースの銳(Ken Ray)はシーズン終了後早々に残留が確定
しかし、後期シーズン途中から加入し活躍した速球派左腕の尤猛(Shane Youman)がRep.Dominicaでの好投が認められ韓国ロッテへ移籍。シーズン中にたびたび外国人投手を入れ替えてようやく引いた当たりクジでしたが・・・

そこで新たな外国人投手としてPuerto Ricoで9試合(先発9)、ERA:2.36、IP:45.2、H:38、R:16、ER:12、HR:1、BB:12、SO:32、WHIP:1.09と好投しチームをSerie del Caribeに導き今現在ドミニカで戦っているMatt DeSalvoを獲得
今後、もう一人助っ人左腕を獲得するようです


・興農牛

“本土化政策”を推進中。外国人獲得は今年もしない方針、最下位確定ですね(苦笑)


○動画

・鎌田祐哉
http://www.youtube.com/watch?v=8MBOE7fHNtY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=9MjUBATH54Q

・Dioni Soriano
http://www.youtube.com/watch?v=71rcH1oc548
http://www.youtube.com/watch?v=48R0I5dbCzA&feature=related

・Matt desalvo
http://www.youtube.com/watch?v=OojkdSj9_LA

・Jon Leicester
http://www.youtube.com/watch?v=-cBTqjEJcdg


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。