スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海外野球情報:台湾




中華職棒/統一獅明年確定找洋投格林回鍋(NOWnews)

統一獅に今季途中から加入した外国人投手の格林(Ryan Glynn)が来季も統一でプレーするみたいです

今季途中加入で他を寄せ付けない成績を残したものの、ケガでシーズン終盤&台湾シリーズで投げられず、また、アジアシリーズでもギリギリに来台してちょこっと調整してからぶっつけ本番で望むなど健康状態がいいとは言えない

羅伯特(Daniel Reichert)邁克爾(Seth Etherton)の二人も今のところ残留するでしょうけども、邁克爾は背筋の負傷でアジアシリーズも内容が思わしくなかったのとフルシーズンでイニングが投げれるのか判断しなければいけないでしょうか

あとエースの潘威倫が怪我したままアジアシリーズに参加、アジアシリーズ終了後に手術を行いました。開幕には間に合うようですが、どの程度のコンディションなのかはやや不透明


洋投庫倫 將回鍋兄弟(CNA-NEWS)

兄弟象をシーズン途中で解雇になった元守護神庫倫(Ryan Cullen)が来季兄弟象でまたプレーするとのこと

怪我して球速遅くなって本来の出来じゃなくなって解雇したという経緯があるだけに少々驚きました
ただ、中継ぎ投手陣も層が薄く解雇する余裕がなかったのもこれまた事実でしたから、復帰はプラスかもしれん

新しく取ってくるにしろそこまでいい選手取れる保証があるわけではないので

あと、今季、最多勝・最多奪三振のタイトルを獲得し兄弟のエースとして活躍した羅曼(Orlando Roman)、2010年に台湾シリーズMVPにも輝いた麥格倫(Jim Magrane)とも残留・獲得交渉を続けているとのこと

麥格倫は韓国でプレーし解雇後はAtlantic Leagueへ。マイナー契約を待っている状況らしいです

今季途中加入の高米茲(Ricardo Gomez )は解雇か否か、よくわからないのですが解雇で全くおかしくない成績だし、146~150km前半の球を投げ込む速球派ですがポンポコ当てられ空振りもイマイチ取れないなどやや印象が悪い

同じくシーズン途中加入で活躍していた先発左腕泰勒(Tyler Lumsden)はヤクルトの入団テストを受けたりしていましたけども・・・まぁ、台湾でプレーすることはないかな、捕手と口論になったりして印象も悪かったし本人もプレーする気ないでしょう。


報道によると元楽天の林恩宇が手術後全然投げれなかったみたいですが、現在ブルペンに入って調整を行うなどしているらしく来季は先発で回れるかもって話。


来季の外国人枠は先発2、抑え1(Cullen)なので、先発ローテは助っ人2、鄭鴻林恩宇李金木菘瑋、さらに中継ぎ兼任で葉詠捷葉丁仁ですかね

個人的な意見を言わせてもらえば、葉丁仁は中継ぎで起用したほうがいい仕事するし貴重な左腕なので中で取っておきたい

葉詠捷は先発では使いたくないし、李金木も先発失格といえる投手、菘瑋は期待されながらもクソピッチで役に立たずじまいで来季も計算はできない

今季どうにも先発が弱かったために林恩宇の復活があれば頼もしい限りだが、ケガで全くといっていいほど投げてない彼が計算できるはずもなく、フルシーズンも不可能と見るべき。

ということでかなり層は薄いので、助っ人次第なのは言うまでもない

ドラフトによる補強があるのでまだわかりませんけども


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。