スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海外野球情報:台湾(&日本)




續辦亞職 中職要再評估 (中時電子報)

アジアシリーズの損失額が来週その辺が確定するようです。今のところ1000万元前後らしいです

次回開催のためのアジアシリーズ実行委員会(各国リーグ代表)による話し合いが近々あるみたいなので、そこで台湾での継続か否か、韓国開催かもでてくるでしょう。
台湾の採算がどの程度のものなのか・・・KBOによれば韓国開催は了承得ているとか提案するだけとか言ってますから

とりあえず、その場合はCPBLがアジアシリーズの代わりにウィンターリーグを開催してほしい的なこといっているようですが。

そういや、以前台湾でやろうかって話しあったよね。NPBが進めていたのを選手会が反対したんだっけか
いまだにウィンターリーグ全日程に派遣できないくらいだからなぁ、選手会がこういうところで選手への強制に歯止めを欠けているのも確かだが若手の成長を阻害しているとも言える

この話はレンタル移籍がどうのこうのいうよりも先に真剣に話しあって欲しかったがねぇ


ちなみにといってはなんですが、CTBA(台湾のアマ)の運営目標に

一、持續配合行政院體育委員會「棒球運動振興計畫」,在國家隊組訓、社會球隊建構、棒球技術改革及催生亞洲冬季聯賽四部分,棒協將全力達成目標

というのがありました。なにか協力した動きが見られるんでしょうかね?仮にウィンターリーグ開催となった場合


〈CPBL〉新理事長恰恰帶兵 盼台灣棒球更好 (TSNA)

新しいCPBL選手会役員が決まったとか言うお話。
・退団後のキャリア支援(主にアマ野球などを含めたコーチになるための資格制度)
・保険制度の確立
・選手会のルールうんぬん?
・プロスポーツマネジメントうんぬん?

大事なのはとりあえず、上の2つですか


※全く関係ないですが

日本でもアマとのお話が進められることになりました

プロと学生が協議会設置へ NPBが要望 (産経新聞)
プロ・学生交流 合同機関で協議 (スポーツニッポン)


・来年1月に委員を選定
・2月末から開始し、月1のペースで話しあう

とのこと、研修制度などの制定へ向けた動きが欲しい「現役選手の指導解禁しました、はい、終わり」とかになったらさすがに泣けてきそうだがあまりのアマ球界の腐敗ぶりに


んで、台湾でも似たようなもので

中華職棒/葉君璋將赴美擔任印地安人教練 史上第1人 (NOWnews)

兄弟象を戦力外された捕手:葉君璋がインディアンスのマイナー組織で1年コーチとして雇ってもらったみたいです

アマの大学・社会人の指導にあたるために必要なA級ライセンス資格を得るためには講習受けたりしないとプロ退団後3年間はなれないみたいなんです(一応プロでやっていたからB級ライセンスは与えられている)
契約切れたりしても向こうで色々学んだ後に、帰国してそれから国内で指導者になるための活動をしていきたいとか

めっちゃ簡単に言うとなぜ指導者に3年もなれないの?ばかなの死ぬの?という話で、まさしく日本の野球界でも起こっていることでしたとさ


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。