スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海外野球情報:韓国

NPBが要望 プロと学生が協議会設置へ(スポーツニッポン)

今更かよ・・・遅すぎるだろwwwでも、これからプロアマの垣根がなくなってくれるよう少しでも進展してくれればいいんですが




롯데, 이대호 쏠 실탄 100억원으로 투수력 키웠다(OSEN)

BALとの契約が進められていたがメディカルチェックであえなくMLB行きを断念したSK守護神の정대현(チョン・デヒョン)が13日に国内復帰を宣言。
すぐさまロッテがチョン・デヒョンと4年契約の契約金10億ウォン、年俸5億ウォン、オプション6億ウォンの総額36億ウォンの大型契約を締結、復帰宣言してすぐのスピード契約となった

一言感想を言うなら、すげぇびっくりした決まるのはや!!
ロッテはブルペンの柱であった임경완(イム・ギョンワン)がSK移籍して中が手薄になったから最後を任せられる彼が加入したことは大きい
さらに先月には이승호(イ・スンホ)も獲得していますから中は厚みを増した

が、先発のほうが足りなくて主戦格の左腕장원준(ジャン・ウォンジュン)が兵役のため警察に入隊。15勝6敗、IP:180.2が抜けるわけですからね・・・さらに今季途中加入で先発やっていた元横浜の부첵(Chris Bootcheck)が退団(たいした成績ではないです)
外国人は先発投手、どこまでいいの獲ってこれるかが相当重要

上記の理由で先発が足りないロッテは中継ぎがメインのイ・スンホが先発転向という話みたいですから中が充実っていうほどでもないような・・・
ダメならすぐに中に戻すとは思いますけど(私的にはどうみても先発向きの投手には見えない)

イ・デホ残留のための100億ウォンは中継ぎ整備のために使われました、果たしてどのような結果になるのでしょうか。


2011년 제 7 차 이사회 결과KBO)

・パク・チャンホの復帰許可
・アジアシリーズ開催について
・KBO総裁は구본능(グ・ボンヌン)氏に決定

13日に行われたKBO理事会についてですが、気になるのはやはりアジアシリーズについて

KBO理事会によればアジアシリーズ開催はKBOに委任されているため、近々、参加国会議(アジアシリーズ開催委員会)で決定するとのこと
ということは、あの拡大案(NPB:1、CPBL:1、ABL:1、KBO:2、CBA:1)が通るということ?
じゃあ、中国復帰ですか

以前も言いましたが、1年だけとなる可能性は考慮しないの?なんとも場当たり的な運営・・・


박찬호 ‘조건 없는 복귀’…협상만 남았다(동아닷컴)

海外進出選手特別指名制度を利用し来年のドラフト1位指名権の放棄をすることを条件にパク・チャンホのハンファ復帰を認めるとのこと
07年の指名時にドラフト指名権を放棄したのも考慮しているみたいです

あと、先日キム・テギュンが年俸15億ウォンという契約で復帰。
イ・スンヨプも8億ウォン(オプション込みで11億ウォン)で復帰したため、パク・チャンホも跳ね上がると予想されている

とはいえ、もうおっさんだし直前のNPBでケガした上に成績的にも失敗しているので、スンヨプがこれだけもらえるならこれに近い額かこれよりは上というところか

脂が乗り切った年齢で復帰しているテギュンとはより上だとさすがにひどいと言わざるを得ないが、スンヨプと同程度の水準は実績を加味するとしょうがないのかなぁ・・・高すぎだろうに

韓国プロ野球絶頂期

まさに今そうなんでしょうね。
だからスンヨプもチャンホも帰ってくるわけで。

いろいろ記事を読み直したところ、チャンホと契約しても、ハンファは来年のドラフト1位指名権を放棄しなくて済むみたいですよ。
どこの球団かわかりませんが、チャンホのハンファ入団に否定的なところがあったそうです。

この件は今後に禍根を残したような気がします。

チョン・デヒョンがアメリカに行かなかったのも、おそらく今の韓国プロ野球が絶頂期だから高待遇になったからでしょう。

僕は2012年、韓国に帰ってきた英雄達の存在がかすむような若い才能ある選手たちの活躍を期待しています。
そうならないと、絶頂期にある韓国プロ野球は、どこかの国みたいにゆっくりと下り坂を歩いていくことになるんじゃないでしょうか。

2011.12.14 23:26 ふるりん #zmZsiV02 URL[EDIT]
ふるりん 様

コメントありがとうございます、ふるりん様

いろいろ記事を読み直したところ、チャンホと契約しても、ハンファは来年のドラフト1位指名権を放棄しなくて済むみたいですよ。
どこの球団かわかりませんが、チャンホのハンファ入団に否定的なところがあったそうです。この件は今後に禍根を残したような気がします。


あれ・・?そうなんですか?いずれにしても、ハンファにとっては話題性も戦力的にも十分ですね、テギュンにチャンホ。
否定的な球団は規定に則ったほうがいいのではないか?なぜチャンホだけ特別にルール作るの?他の選手でもそうするの?みたいな報道が出ていました

もっと規則しっかり話しあったりして柔軟にルールを変更していければいいですね


チョン・デヒョンがアメリカに行かなかったのも、おそらく今の韓国プロ野球が絶頂期だから高待遇になったからでしょう。

いや、BALのメディカルチェックに引っかかっただけなんですがね・・・

とはいえ一時期よりははるかに良い待遇なわけでNPBやMLB進出を目指す選手はこれから出てくるでしょうけど、国内残留する選手は相当増えそうですよね。
これだけの大型契約が続けて出くると、球団も相当大変そうですが。

それはおいておいて、絶頂期ですか。これから球団増やしていくわけですし、今が絶頂というのはいささか問題あるような(苦笑)
将来的には12だか14球団というのがKBOの理想でしたっけ

まぁ、どうでしょうねぇ・・・台湾が球団乱立して色々あって4球団になりましたが。
NPBの方も合併だの身売りだので結構かつかつですしねぇ

日本はたぶんやろうと思えば14球団くらいなら作れる可能性がなきにしもあらずというところでしょうから、韓国球界が今後どのように発展していくのかはとても興味深いですよね


僕は2012年、韓国に帰ってきた英雄達の存在がかすむような若い才能ある選手たちの活躍を期待しています。
そうならないと、絶頂期にある韓国プロ野球は、どこかの国みたいにゆっくりと下り坂を歩いていくことになるんじゃないでしょうか。


そうですね、期待したいです、若い選手の活躍に。
これからどのような選手が出てくるのか楽しみですね、帰国組もこれまでの経験を生かして若手に負けないように頑張ってもらいたいところですが

2011.12.15 20:39 野球ふぁん #- URL[EDIT]
事の真相

チョン・デヒョンはメディカルチェックに引っかかったと言っても、それはたいしたことではない、とボルティモア側が言ってます。
家族の問題などが足を引っ張ったらしいですが、本当の理由はよくわかりません。
来年で34と若くはないですし、大胆な挑戦をするには障害が少なくはなく、年がちょっと行ってしまっていたんでしょうね。

やはりパイオニアは野茂のように、大物が背水の陣の覚悟で臨まないと生まれないんじゃないでしょうか。

ペ・ヨンスがヤクルトに行かなかったのもメディカルチェックに引っかかったせいだということになっていますが、健康上の問題はその後一度も出たことがなく、おそらくこれも本当の理由ではないように思います。

これから球団が増えるわけですが、韓国プロ野球の絶頂期はスンヨプやチャンホが現役を続ける来年か再来年くらいまでじゃないかと予想します。
日本よりもずっと安定感のない変化の激しい国なので。
もし人気球団で観客動員に多大な影響を与えるロッテがまた暗黒時代に入ったら、今の観客数は維持できなくなるでしょう。
10年ほど前プロ野球に客が入らなかったのは、サッカーワールドカップの影響よりもロッテが4年連続最下位だったことのほうが大きかったように思います。

2011.12.16 20:24 ふるりん #zmZsiV02 URL[EDIT]
ふるりん 様

コメントありがとうございます、ふるりん様

チョン・デヒョンはメディカルチェックに引っかかったと言っても、それはたいしたことではない、とボルティモア側が言ってます。家族の問題などが足を引っ張ったらしいですが、本当の理由はよくわかりません。来年で34と若くはないですし、大胆な挑戦をするには障害が少なくはなく、年がちょっと行ってしまっていたんでしょうね。
ペ・ヨンスがヤクルトに行かなかったのもメディカルチェックに引っかかったせいだということになっていますが、健康上の問題はその後一度も出たことがなく、おそらくこれも本当の理由ではないように思います。


いえ、メディカルチェックはかなり気にしていると思いますよ。わざわざ帰国させて資料もってこいというくらいです、何かしら大きい病気やケガが気になっていたはず

実際、韓国側の報道では

정대현의 계약과정과 계속 드는 의구심들(OSEN)
http://osen.mt.co.kr/article/G1109330713

記事の中に肝炎という言葉が出てきているくらいです。過去の故障歴を嫌ったのか、病気(?)が肝炎なのか知りません。なにかしらの数値を気にしたのか

とにかく故障or病気(?)+αで年齢でしょう。健康状態を考慮して彼を敬遠したというのは大きな原因の一つなのは否定しようもない事実。

もちろん、本人が家族問題を気にしていたわけですし、彼の代わりに足りない先発タイプ(おまけに左で使い勝手のいい)和田やチェンの獲得へ動いているのも他の要因ではあります

ペ・ヨンスは過去の故障歴の他に近々の成績が振るっていなかったからというのも大きいでしょう
すなわち、ケガした⇒成績落ちた(奪三振率の低下は特に顕著に表れている)⇒リスクを回避した

球団としては当然のことをしたまでだと思いますがね、他の選手と天秤にかけてどの選手がいいか決めていくわけですからリスクがある方を避ける動きがあっても全くおかしくない


やはりパイオニアは野茂のように、大物が背水の陣の覚悟で臨まないと生まれないんじゃないでしょうか。

こればかりはなんとも言えません。国内でしっかり数字出している人間がいけたらいいですがね、やはり。


これから球団が増えるわけですが、韓国プロ野球の絶頂期はスンヨプやチャンホが現役を続ける来年か再来年くらいまでじゃないかと予想します。
日本よりもずっと安定感のない変化の激しい国なので。もし人気球団で観客動員に多大な影響を与えるロッテがまた暗黒時代に入ったら、今の観客数は維持できなくなるでしょう。
10年ほど前プロ野球に客が入らなかったのは、サッカーワールドカップの影響よりもロッテが4年連続最下位だったことのほうが大きかったように思います。


球団数が増え、計画に基づき各地域の球場の整備が進んでいく
奨学金なんかを野球をやっている子供たちにだしてあげたりして、「球団」、「野球」が公共性が増してきたといいますか球団が企業の持ち物から地域・ファンのものになりつつあると思います。
ファンサービスが充実し、女性客も増えているなど色々いいことを目にしますけどね

ただ、個人的に気にしているのは、やっと波が来てこれからって時に選手の年俸が急激に上がっていることだと思うんですよね
特に今オフはそういう事例が相次いだので今後も年俸の上昇が続くのかが気になります
(今オフがたまたまなのかもしれません)

これから球団数も増えていくわけですが、球団間の戦力差というのは相変わらずですから新規球団がどれほど金かけれるかは大事になってきますし、既存球団にもさらなる格差がでたりする。
その他、球団を維持してくためにも、新規参入の際も、年俸の上昇などがあったら負担になりますから

とにかくそこが心配なんですよね

バブルという表現を使っていますが、別に韓国球界がダメだとか今の人気は一時的なものだ、とかそういうことを言っているわけではないです。そこは勘違いしないでください。

2011.12.16 22:01 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。