スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

こ、今年こそ当ててやる!プロ野球順位予想 : セ・リーグ編

セ・リーグは上位3つにスワローズといったところではあるケドも、下位チームからいい選手が出たりして上位を驚かしてほしいね。


順位予想

1位:ジャイアンツ
2位:タイガース
3位:ドラゴンズ
4位:スワローズ
5位:カープ
6位:ベイスターズ

こんな感じだろうか・・・

ジャイアンツは多分だけれども、タイガースと序盤で首位争い、後半やや落ちるもなんとか逃げきりって感じだろうか。
タイガースは去年は打ちまくった反動で成績がやや下降するが、コバヒロ加入で中が厚みをまして例年の後半ガクッ!って落ちるというのはないのかな、と。
ドラゴンズはケガ人が多すぎというのと、打線が心配。しかしながら、投手層でカバーできそうなのはいいよね。(ケガ人も別に帰って来ないわけじゃないし、長引くかどうかは別として)
スワローズは先発4枚が頑張るものの、地力で負けが込むのかなという気がします。
カープとベイスターズは投手層が絶対的に不足しているのと、打線も長打がもっと欲しいということで


ジャイアンツは、打線は言う事なし。松本、長野、3B(亀井やライアル)が機能すれば文句なし
控えも、谷、高橋など長打のある打者が多いし、鈴木や古城なども使い勝手がいい
投手は山口、アルバラデホ、越智、マイケル、高木、星野、西村(先発かな?)福田、野間口などの中継ぎ陣をどうするか。特に守護神次第ですが
先発は朝井、藤井、トーレス、ゴンザレス、グライ、バニスターなどがしっかり埋めれれば、なんとかなるでしょう。
外人は枚数が多いので調子を見極めて取っ換え引っ換えで融通が効くのがいいけど、他の選手が藤井と朝井くらいなもんですからそこはかなり心配。
内海・東野がどこまで勝てるかでしょうか。外国人は未知数ですし、枠もあるしね。


タイガースは打線は心配ないでしょう、金本の呪縛がなければ彼は代打や交流戦でのDH専で使い勝手がいいし。
平野が出来過ぎかもしれんけど、その他は大幅な下落もなく必要最低限の数字を残してくれるはず。
浅井、リン、狩野、桜井、関本など代打・控えも充実し、守備代走要員で俊介、上本、ヤマトなども出てきてバランスが取れているし
投手陣は、中は、西村、久保田、渡辺とイニング食える選手もビハインド展開などもいけるし、勝ちパターンも小林⇒藤川でしっかり固定できるのが大きい。
左がかなり物足りないけど、藤原、筒井、江草、川崎、小嶋、加藤康、と枚数はいる、使えるかは別として。
それに、若手&その他に、若竹や横山、上園、福原、鶴などで敗戦処理もできそうだしね

先発は一転して、物足りなさそうだが
久保、能見、スタンリッジの3本以外はかなり不安だけど、安藤、下柳、メッセンジャー、秋山、上記の中の若手など+榎田、ジェン、蕭あたりで上手く回していくしかないでしょうか。
能見が去年見たく離脱しなければってのと、スタンリッジが去年同様働いてくれれば打線と中継ぎでカバーできるでしょう。


ドラゴンズはチェン、吉見、山本昌、高橋とケガ人が相次いでますね。
怪我がどこまで長引くかってのはありますけど、先発は中田、山井、川井、ネルソン、岩田、山内、小笠原、朝倉と枚数は多いし長期間ローテを守れなくても短い間でもこれらを上手く回していけばある程度の穴は埋めれそうだ。
中継ぎは岩瀬、浅尾、高橋の勝ちパターンに加え、鈴木、河原、清水、平井、三瀬、小林、久本、長峰とこちらも敗戦処理とロングリリーフがしっかり揃っている。長期戦には強いね
岩瀬の劣化がきているから、浅尾に負担がかかっていて高橋以外にももう一枚彼らに続く選手がいてほしいってのはあるけど、そこは質より量で枚数いるから左右の継投にも困らないってのはありますね。

打線は、どうだろうか・・・2Bは堂上が怪我しましたけど、井端、岩崎恭&達で埋めていく。

問題となるのは、グスマンが入るであろうRFの守備及びCFは?(大島か藤井が有力)で、
グスマンがこけた場合は去年同様のどんぐりーズ、野本、藤井、小池、松井、堂上剛、中村、平田で回していくしかない
代打もこんな感じでしょう、中田ブーと福田も入るかもしれませんけど、基本は上の選手たちか。
結構キツイですね、グスマンは守備は糞であったとしてもとにかく6番で固定出来ればね・・・
控え捕手は小田で一時しのぎはできますし、守備代走要員は揃ってる。


スワローズは先発4枚(石川、館山、由規、村中)が強力、増渕が転向し残りの枠を七條、川島亮、山岸、バーネット、中澤、高木あたりで争うが、増渕次第でしょうねぇ。正直、層の薄さは否めないので、4枚目以降が出てこないと上位がこけてくれない限りは。
中継ぎは、イム、松岡、押本、渡辺、松井、橋本、吉川、一場くらいでしょう。
勝ちパターンはいいのですが、それ以外は左は渡辺くらいですし、敗戦処理は松井くらい。
ロングやビハインド展開の中継ぎは押本への負担が大きくなるでしょうし、上位と比べるとやや潰しが利かせにくい陣容でシーズンを考えるとキツイでしょう。

打線はバレンティン、ホワイトセルの外国人と畠山、飯原次第ですか。畠山が3Bで回せれば外野のコマが多いのでやりやすいのでしょうが、宮本になるのか。
そもそも、畠山の覚醒がどこまでのものなのか?バレンティンは当たるか?ホワイトセルはフルシーズンで活躍できるか?など不安要素満載。層は厚くなってきたものの、クリーンアップをしっかり構成できるか次第ですね。
こけたら武内、ガイエル、濱中、宮出など総動員でしょうか。ガイエル以外のメンツは代打でも活躍が期待されている選手でしょうか。
STは川端、川島に森岡、鬼崎でしょうか。川端、川島のどちらか状態がいいほうで回していくのでしょう
去年出ていたってことを考えれば川端でしょうが、フルで回していくのは難しそうで、併用かもしれませんね


カープは先発は前田、ジオ、バリントン、齊藤、篠田、大竹、小松、今井、ソリアーノ、中田って感じでしょうか、薄すぎですね
中継ぎはサファテ、シュルツ、横山、永川、梅津、青木、大島、岸本、林、豊田、菊地原、上野でしょうかね
外人枠の関係で(中も先発も)どうなるかはわかりませんけど、シュルツがかなり不透明なのでサファテを抑えでいくのでしょう。
横山に加えて、復活を期す永川、菊地原、豊田が周りを固める。で、岸本・大島などがもう少し早い展開・・・枚数はそこそこですし使い方次第ではロングリリーフなどもしっかり整えられそうですが厳しいですね。
左も菊地原くらい

打線はトレーシーが当たるかどうかでしょうかね・・・右打者の不足、長距離打者がいないのは相変わらずの課題でしょう。外野はCFを天谷、赤松で。
併用や代打要員などで外野は、嶋、末永、内野は小窪、石井琢、木村って感じでしょうか。岩本の覚醒、廣瀬が去年同様の活躍してもらわないと


ベイスターズは森本、渡辺と補強はしましたが、得点力不足解消に役立つかはかなり微妙です。クリーンアップをもう少し改善できないと。村田やスレッジがもっと頑張ってハーパーも開幕から最後までしっかりやってくれれば、あるいは、吉村の復活か。
まぁ課題の1・2番とセンターラインは固定できそうです(石川との兼ね合いもあるけれども)。
控えも、筒香、北、松本、下園、藤田、一輝、稲田と若手・中堅と揃ってる、左に偏ってはいるが。
捕手は武山に頑張ってもらうしかない

投手は三浦の復活、大家&清水&山本の大活躍、加賀、高崎、杉原、藤江、田中などの若手(眞下、佐藤、阿斗里)などが台頭、さらに、新外国人のリーチ、ブランドン、ハミルトンの中から2枚出てきて、とすべてが上手くいければ・・・最下位はないでしょうか。
中継ぎは江尻、牛田、山口が勝ちパターンで他は篠原、福田、大沼、小林太・・・くらいしか思いつかない、安定した選手がいない。真田は手術でしたっけ。佐藤、阿斗里などに期待するのも酷だろうし
ちょっと、どうしたら良いものか。立て直しには時間かかりそうだ。


上位と下位の差はあるものの、下位チームには上位を驚かして欲しいです
ドラフトで入った新人などが出てきてくれるでしょうか。自分はドラフト組は基本的には考慮しない人間なので、挙げている選手も何人かいると思いますが。
まぁ、セは老けた選手多いしもっと若手出てきて欲しいわ、ホント。特に長打ある選手か先発投手で。
さて、今回は当てられるでしょうかね、無理そうだな、なんか。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。