スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

アジアシリーズ情報

先日の記事:「アジアシリーズ in 韓国?」の続き



亞洲職棒團結一致 推動棒球運動返奧(CPBL)


まずは、公式情報。この日の会議には、ABLのGM:Ben FosterとCEO:Peter Wermuth、NPBコミッショナー:加藤、ソフトバンク会長:王貞治、IBAF会長Riccardo Fraccariなどが出席していたみたいです

この記事に書いてある“ダラスでの会議”についてですが12月4日(集まるのは12月3日らしいですけど)に各国・各連盟の主要人物が集まりWBCや現存のIBAFの大会編成、五輪復帰のためについて話し合われることになっており、そこで国際大会への派遣について各プロリーグの長が協力を再確認したという、話です


Baseball gathers in Dallas for XXVI IBAF Ordinary Congress(IBAF)

今回はそこではなくて、12月中に東京にABL、KBO、NPB、CPBL(中國の代表も呼ばれるのかな?)各代表が集まり、今後のアジアシリーズ開催について話しあうという部分
KBOが提案している案 ⇒ 「アジアシリーズ in 韓国?」 はあくまで提案であって、アジアシリーズ運営委員会で計画しているという話ではないみたいです。


元ネタが消えてる・・・スポーツ朝鮮だっと思うのですがチャムシルとプサンで分散開催という記事があったはずなんだが・・・

・中国が台湾開催を決定した時にNPBへ抗議しておりそれで今回韓国へ打診した
・台湾は政府援助による運営だったが来年以降それが出るかどうかはわからない

といことが書いてあったんですが
とりあえず、12月13日にKBO理事会が開かれる予定でそこで正式にアジアシリーズ開催について話しあうとか


南韓搶障Q亞職 教頭:釜山最適合(自由時報)

で、台湾の記事ですが、サムスンの監督が「韓国でやるなら釜山、しかしながら、ロッテジャイアンツが出場しなかった場合客入りが悲惨なことになるのではないだろうか?」と言っているそうです

そりゃそうだよなぁ。それにアジアシリーズの注目度がかなり低い上に、ただでさえ寒い韓国において開催して客が入るのかと。


中職虧千萬 王桑讚障Q得好 (中時電子報)

それで、韓国開催が今のところうんぬんって言われていますけども、李文彬さんがアジアシリーズ定着のため台湾開催を2~3年は継続したいという意向を加藤コミッショナーに伝えたとのこと。


亞職大賽/冠軍戰沒統一獅 收支難打平(NOWnews 今日新聞網)

またこの記事に客入りが載っていたので以下に書いてきます

日時試合観衆球場
11/25サムスン VS Perth1,599台中洲際棒球場
統一 VS ホークス19,026
26サムスン VS ホークス7,131
統一 VS Perth7,301
27ホークス VS Perth5,703桃園球場
統一 VS サムスン12,000
29サムスン VS ホークス4,328台中洲際棒球場


統一が決勝に進まなかったことでだいぶ収支に影響(客入り)しているようで、1000萬元は損しているとのこと

やはり、地元のチームがでないとね。なおさら、韓国開催ともなればロッテジャイアンツがでるかでないかが重要ってことじゃ?

それと、台湾はどちらかとえいえば親日派、NPBへのあこがれじゃないけど、NPB球団の興行に多少なりとも興味を持っている人間がいる(5000人も入ってますからね、ホークスVSPerth戦に。王さんもいるし知名度はある)からこういう結果なわけで、韓国ってそういう細かいところまで考えていけばマイナス要素しかないような・・・

ということで、12月に入らないとアジアシリーズのこともWBCを含めた国際大会についても全くわからないということみたいです


>中国が台湾開催を決定した時にNPBへ抗議しており

まあ十中八九そうだと思ってましたけど、中国不参戦はやはり政治的なんですね。
これからどうなるのか・・
中国が参加することにこそ大きな意義を個人的には思っているので

2011.12.01 13:29 世界の野球 #- URL[EDIT]
世界の野球 様

コメントありがとうございます、世界の野球 様

まあ十中八九そうだと思ってましたけど、中国不参戦はやはり政治的なんですね。これからどうなるのか・・
中国が参加することにこそ大きな意義を個人的には思っているので


あくまでも韓国のいち報道機関から出たものなのでなんともいえない情報ではありますが、どうもそんな感じみたいなんですよね。

しかし(記事でも触れたかもしれませんけど)よくわからないのは実行委員会が集まっているわけですから台湾開催反対のためにNPBへ抗議ってのもイマイチよくわからない。
そもそもNPB主導ではないわけですから、この大会自体。
まぁ、NPBが参加するかどうかが大きな鍵を握っているのは確定的明らで、そのNPBが台湾開催へ協力していることに対して不信感を抱いたということか

ただ、こちらは記事で指摘していますが、韓国開催になって中国が仮に参加できるようになったとして。
その年はいいけどもまた次の年は?次の年は?台湾?台湾でやるの?と中国側の意見を聞かなければいけないと。
仮に開催したとしても韓国開催が永遠に続くわけではないでしょう、はっきしいって。
やはり、台湾は選択肢のひとつであって、日本で開催するにしても過去の大会出みれば分かる通り資金繰りが問題になる。
韓国開催だって成功する保証はないし、現状では失敗、または、そもそも開催されない可能性のほうが高いと自分は思ってます。
韓国の気候、集客、アジアシリーズへの意識・・・etc
その辺は記事でも触れましたが

それで話は中国のことに戻りまして

こういうことは言いたくはないですがどちらかといえば参加させてもらう立場の中国のために運営計画を見直し、各国プロ組織が調整・交渉し、各プロ球団へ負担が生じる(可能性がある)ということですよね

中国が市場としてとても魅力がある国でありアジア、そして世界の野球界にとっても重要なのは言うまでもないでしょう
しかし、アジアシリーズがまだまだ不安定な中、中国のことを考えすぎるあまり共倒れなんてのは絶対避けなければいけません。

これはWBCでNPBがごねたのに似ているようなきがするのは自分だけなんでしょうか?
経緯、理由、性質が全く違うものですけども、どうにも仰るとおり政治的な意図というか・・・
う~ん・・・上手くいかないものですね。

2011.12.01 23:21 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。