スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2011 アジアシリーズ:統一獅 VS サムスン・ライオンズ

ロースターはこちら ⇒ 「アジアシリーズ情報」

関連記事
「2011 アジアシリーズ:統一獅 VS 福岡ホークス」
「2011 アジアシリーズ:福岡ホークス VSサムスン・ライオンズ」
「2011 アジアシリーズ:統一獅 VS Perth Heat」
「2011 アジアシリーズ:福岡ホークス VS Perth Heat」





○オーダー

サムスン・ライオンズ統一獅
1番:CFペ・ヨンソプR/R651番:RF劉芙豪R/R56
2番:RFパク・ハンイL/L332番:SS陳基R/R13
3番:1Bチェ・テインL/L173番:CF潘武雄L/L55
4番:DHチェ・ヒョンウL/R344番:1B張泰山R/R49
5番:3Bパク・ソンミンR/R185番:LF郭岱L/R24
6番:2Bシン・ミョンチョルR/R146番:DH楊松弦L/L7
7番:LFカン・ボンギュR/R247番:C高志綱R/R34
8番:Cチン・ガプヨンR/R208番:2B林志祥L/R69
9番:SSキム・サンスR/R79番:SS許聖杰R/R1



試合詳細(CPBL)


123456789RHE
サムスン0021000216101
統一000102000361


邁克爾(Seth Etherton:#35)⇒潘威倫(#18)⇒格林(Ryan Glynn:#14)⇒王鏡銘(#41)


ペ・ヨンス(#25)⇒クォン・ヒョク(#47)⇒クォン・オジュン(#45)⇒オ・スンファン(#21)


1回表
ペ・ヨンソプは3-2から速球を打ってショートライナー
パク・ハンイはショートゴロ
チェ・テインは2-1から外角速球を打って捕手ファウルフライ

1回裏
劉芙豪は真ん中の速球を打ってセカンドゴロ
陳基は0-1から外角のスライダーを打ってライトフライ
潘武雄はカウント1-2から外角速球を打ってセンター前ヒット
張泰山は真ん中速球を打ってライト前ヒット
郭岱はカウント1-2から内角スライダーを打ってショートフライ

2回表
チェ・ヒョンウは1-2から外角速球に見逃し三振
パク・ソンミンは3-1から真ん中高め速球を打って3塁線を破る2塁打
シン・ミョンチョルhカウント3-2からショートへ強い当たり、走者は進塁。
2死3塁、カン・ボンギュは1-2から外角スライダーを打ってキャッチャーゴロ

2回裏
楊松弦は初球セーフティバントを試みるもファウル、2球目を打ってショートゴロ
高志綱は1-2から打ってサードゴロ
林志祥は2球目の速球を打って一二塁間をやぶるヒット
許聖杰は外角スライダーを打ち上げてファーストファウルフライ

3回表
チン・ガプヨンは2球目の内よりの速球を打ってレフトフライ
キム・サンスは3Bへの強い当たり、3Bが捕球できずエラーで出塁
1死1塁でペ・ヨンソプ、真ん中に来た速球を打ってレフトへのヒット
パク・ハンイ3-2から外角のチェンジを打ってセンター前へ抜けるタイムリーヒット
統一0-1サムスン
1死1・3塁チェ・テイン、カウント1-2から真ん中高めボール球を打ってレフトへの犠牲フライ
統一0-2サムスン
チェ・ヒョンウは真ん中高めボール球を打ってサードフライ

3回裏
劉芙豪は3-2から真ん中低めの速球を打ってセカンドゴロ
陳基は初球内角高めの速球を打ってファーストフライ
潘武雄は1-0から速球を打ってセンターフライ

4回表
パク・ソンミンは真ん中低めスライダーを打ってレフト前ヒット
投手交代:⇒潘威倫
シン・ミョンチョル、はセンターへ抜けそうな当たり、SSが補給するもトスが上手く行かずセーフ
無死1・2塁でカン・ボンギュは内角ツーシームにバント、上手く投手前に転がして成功
1死2・3塁チン・ガプヨン、1塁への強い当たり、1Bが何とか止めて1塁はアウトも走者は生還
統一0-3サムスン
2死3塁キム・サンスはショートゴロ

4回裏
張泰山は初球の外角カーブを打ってセンター前ヒット
郭岱はセカンドゴロもSS魔送球で併殺取れず、1死2塁
楊松弦は内角速球を詰まりながらも3塁後方へ落ちるタイムリーヒット
統一1-3サムスン
高志綱はカウント1-2から内角ツーシームを打ってライトフライ
林志祥は真ん中低め速球を打ってセンターフライ

5回表
ペ・ヨンソプは投手への強い当たりも投ゴロ
パク・ハンイは1-1から外角ツーシームを打ってファーストゴロ
チェ・テインは1-2から外角速球を打ってサードライナー

5回裏
許聖杰は0-2から外角スライダーに空振り三振
劉芙豪はカウント3-2からレフトフライ
陳基はカウント1-2から外角スライダーを打ってショートゴロ

6回表
チェ・ヒョンウは2-2から外角より真ん中低めチェンジアップを打ってライト前へ落ちるヒット
パク・ソンミンはスライダーを打ってサードゴロ併殺打
シン・ミョンチョルは2球目の内角ボール球速球を打ってショートフライ

6回裏
投手交代⇒クォン・ヒョク潘武雄は3-1から外れて四球
張泰山1-1からの内角ボール球スライダーは捕手後逸で走者進塁、無死2塁に
カウント1-2から内角ボール球の速球を打ってサードゴロ
郭岱⇒代打:郭俊佑
郭俊佑は内より真ん中低めの速球を打ってレフトへのHR
統一3-3サムスン
楊松弦はサードゴロ
投手交代:⇒クォン・オジュン
高志綱は1-2から真ん中低めシンカーに空振り三振

7回表
投手交代:⇒格林(Ryan Glynn)
守備交代⇒LF:郭俊佑
カン・ボンギュはアウト、チン・ガプヨンは高く跳ねる打球は3塁頭を越してヒット
キム・サンスは1-2から外角スライダーに空振り三振
ペ・ヨンソプは0-2から外角スライダーに当てていくもセカンドフライ

7回裏
林志祥は外角シンカーを打ってサードゴロ
許聖杰は2-2から外角シンカーに空振り三振
劉芙豪は0-2からボール球のシンカーに空振り三振

8回表
パク・ハンイは1-1から真ん中低めボール球スライダーを打ってセカンドゴロ
チェ・テインは3-2から外角速球を打ってレフト前ヒット
代走:カン・ミョンギュ(#9)
チェ・ヒョンウは1-0から外角低め速球を打ってセンターへのHR
統一3-5サムスン
パク・ソンミンは2-2から外角低め速球を打って投ゴロ
シン・ミョンチョル ⇒ 代打:チョ・ヨンフン(#26)
チョ・ヨンフンは2-2から内角速球にも逃し三振

8回裏
陳基は2-2から外に外す速球に空振り三振
潘武雄は2-2から外角速球を打って投ゴロ
張泰山は3-2から真ん中より外角シンカーを打ってセンターフライ

9回表
投手交代:⇒王鏡銘
カン・ボンギュは1-2から外角カーブを打ってセンター前ヒット
代走:イ・ヨンウク(#67)
チン・ガプヨンは1-0から1塁線へのバントを成功させる
1死2塁、キム・サンスは初球外角スライダーを打ってセカンドゴロ、走者は3塁へ
2死3塁、ペ・ヨンソプの打席、初球ボール球スライダーは捕手の股を抜けてワイルドピッチ、タイムリーエラー
統一3-6サムスン
ペ・ヨンソプ3-1から内角速球を打ってファーストゴロ

9回裏
投手交代:⇒オ・スンファン
郭俊佑は1-2から外角速球に空振り三振
楊松弦も1-2から外角低め速球を見逃し三振
高志綱⇒代打:朱元勤(#59)、2-2から外角速球を打ってサードゴロ


○感想

投手力の差がもろに出ましたね・・・サムスンは右のサイドハンドのクォン・オジュンがよく投げました。統一打線は左右の打者関係なくチェンジ・シンカー系の落ちる球に全く対応できずボール球を振りまくっていました

対する統一は邁克爾(Seth Etherton)が崩れた後、本来は先発投手、しかも、怪我明けでろくすっぽ実戦経験を積んでない潘威倫を出さなければいけなかった

また、格林(Ryan Glynn)を左のチェ・ヒョンウを迎えた場面ですぱっと代えれるだけの投手陣じゃなかったということもいえる。
統一は左のワンポとかそういうのは正直いないですからねぇ・・・徐余偉が一番頼れるんでしょうけどもここまで大事な場面を任せられる選手じゃないし、このサムスン戦を迎えるまでにもう3イニングくらい投げていたはずですし交代させようとは確かに思えない。

初戦の出来が悪かったとはいえエース格のGlynnを・・・というのは無理なのはわかる。


チェ・ヒョンウとGlynnの対戦ですが、イニングは8回。1死から走者を出して、1塁走者に代走を送られる。
当然警戒するわけで、初球外角スライダーでストライクを取りに行くも外れてボール
1-0と走者が動きやす着やすくなった場面で捕手(高志綱)は外角の速球を要求
ものの見事に狙われていてどんぴしゃのタイミング、結果はセンターへのでかいHRでした

その前の打席、同じく左打者のチェ・テインにヒットを打たれて走者を出した場面でも0-2からの速球の判定はボール、その後2球アウトコースからストライクゾーンへ入れるスライダーを続けるもボール判定
フルカウントになって四球を避けたいために、速球勝負も綺麗に流される

これがあったからこそ、外スライダーが投げにくくなりましたし、速球への狙い撃ちもよりしやすくなったといえる。

チェ・ヒョンウに内角スライダー系を振らせたり、ファウルでストライクカウント取れれば面白かったという場面だったでしょうか

見応えがある場面でしたね


で、統一はHeatにもかなり苦労していましたし、今日の負けは必然だったのかもしれない。

アジアシリーズ始まってから4番の高國慶が不在の事態となって、打線がかなり弱くなりましたね。劉芙豪も初戦に負傷した左手のケガを押しての出場となりましたが・・・

しかしまさか、今日CF潘武雄、DH楊松弦なんて布陣を見ることになるとは思いませんでしたもん(苦笑)
台湾シリーズでも似たような布陣はありましたけども

個人的な希望を言えば、統一に勝って欲しかったものの台韓戦独特の緊張感、大勢の観客の声援など球場の雰囲気がとても良く、すごく楽しく印象に残る試合でした

決勝はホークスVSサムスンということになりました、1日空けて試合は行われます

どういった試合になるのでしょうか?非常に楽しみですね



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。