スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

4A だから出来ること

ということで、人によっては、ずいぶんケンカ売ってるような内容になりましたけどその辺はあんま気にしないでください。
なんというか、(゚Д゚)ハァ? というような、理論?というか考えかもしれませんけどその辺はご了承くださいな。

※外国人枠に関するアンケート実施中!コメントも募集してます!





アメリカから見て日本の野球レベルを表す(揶揄する)ときにこう言われてますね、ここ最近ではマートンなんかがその発言をして話題になりました。
しかし、4Aだからといって何もMLBのマイナーなわけじゃない。むしろ、日本野球界のとってそれはプラスになるような気が自分はしている。


MLBというのは日本やその他の選手が誰もが憧れる世界一のリーグには間違いないでしょう。
しかしながら、全員がそこに行けるわけでなく選ばれた選手しか行けないわけです、日本人でもドミニカやその他の国でも何十人・何百人と獲ってきた中で活躍するのは一握り。

結果、駄目だった人間が日本に活躍の場を求めてくるわけです。

ということは、メジャーというのは枠も多いし日本より競争が激しい分、生き残る人もそれまた難しくなってくる。向こうで成功を収めようと頑張ても長く続けるのは難しいでしょう

今もMLBは市場を求め、欧州やオセアニア(南米)にも手を出しています。
そっから獲得した選手がスターとなり、市場を獲得していくのは大いに考えられることです

しかしながら、活躍する選手がどこまで増えるかというとそれはそれで難しい。
結局のところ、外人枠というものがなく、いい素材をかき集めて⇒数撃ちゃ当たる、の戦法をやっているだけなのですよね。

だから、日本もある程度の規模で真似していけばそれ相応の確率で出てくるはず。
また、向こうはレベルも高いから難しいでしょうけど、日本はそれより一歩劣るレベルです、単純に考えれば日本で成功するのと向こうで成功するのはどっちが簡単なのか、ですよね。

そりゃ、日本で活躍するほうが簡単でしょうね、MLBと比べたら。

そこで、話を少し変えて、現状の日本に来る外国人は?と言うと、メジャーで一時期試合出ていたないしは控え及びエレベーター選手。3Aのトップクラスの中のごく一部の人間、ここ最近増えた2Aのトップレベルの選手、それに韓国(台湾)のトップレベルの選手(台湾は育成が主流になってきました)、なんかが来ていますね。

正直、これじゃマイナーや4Aと言われても仕方ないでしょうね。でも、韓国や台湾で関心がないのかと聞かれるとそんなことはないですよね。

韓国・台湾のファンにとっては間違いなくレベルの高いリーグで一定以上の質の高い試合が保証されているし、韓国に限って言えば韓国から来たトップどころの選手が試合出ているから関心がわきやすいでしょう。
選手にとっても自国よりも待遇はいいですし、向こうに挑戦しようとしてヘタうつよりは日本に行ったほうがお金はもらえるでしょう。

実際、韓国では今年パクとスンヨプの入団したオリックスは話題になってるし、他のイムやテギュンも関心を集めるうちの一つです。また、イム・チャンヨンやキム・テギュンは日本で稼いだ代表的な選手でしょう

それは、他の国であっても同じことが言えるわけです、別に韓国などに限った話ではない。
現状では、MLBに次ぐリーグはNPBに間違いはないでしょう。

ということは日本に活躍の場を求めてくる選手と日本で活躍する外国人選手いうのは、枠の拡大さえしてあげれば増えるのは間違いないです。

近年、欧州の選手がMLB進出というのは徐々に増えてきました。
例えばですけど、リッディなりグロナウナー(詳しくないので名前間違ってたらごめんなさいね)なり

しかし、彼らが活躍できる保証はないです、世界最高峰のリーグですからね。極端な話だけれども、日本なら活躍する可能性はあるでしょう、一つレベルが落ちるリーグですから。

そのリーグでも活躍すれば間違いなく何かしらの話題にはなるでしょう、欧州のリーグから見れば日本のリーグのほうが現段階ではレベルが上です。
そして、誰かしら活躍したらそれに続く動きが出てきてもおかしくない。

それは、韓国を見ればわかる。スンヨプから始まってテギュンなりなんなりが来たわけです。
金銭面でも悪くなく、かつMLBよりは活躍の可能性があるとなれば、国内リーグで結果出して日本へ、という流れができても不思議ではないし、若いうちから日本を選択する可能性もある。


この話が当てはまるかどうかと聞かれたらなんとも言えないけれども・・・
サッカーでもスペインやイングランドに注目が集まるが、かと言ってオランダやポルトガルあたりが質の低いリーグで注目すらされないかと聞かれたらそれは違うでしょうね。
現に日本では宮市?とかいう若い選手が活躍して話題になってるし、そういったのが続けば今後わからない。
ドイツだってイングランドなんかに比べたら少し規模が落ちるけど、日本人が増えて間違いなく日本での注目度が増しています。

日本人にとって日本人が多くプレーし身近に感じているからであり、ドイツというレベルの高いリーグでプレーして活躍しているからこそ関心を抱く。

野球にしてもそれは同じだと思うのです。
日本で活躍する欧州の選手が増えれば欧州での注目度は日本にも向いてくるはずで、活躍している欧州の選手の数そのものもMLBに負けないくらい又はそれより多くなる可能性だってあります、レベルが落ちる分活躍しやすいでしょうしね。
各球団の先発・抑え、レギュラー野手など見る機会が増えるって感じですかねぇ。今のMLB中継がイチローとかが多くなるのはそういった話かも。

いずれにしても、そうなれば、継続的な選手供給が可能となりスポンサーや放映権といった話にもつながってくるでしょう。

なので、日本も外国人枠の拡大をしなければ外へ打って出ていけないし、緩和も結構がんばらないといけません。
ただ、マイナーのアメリカ人やドミニカ人が増えるだけじゃ意味ないでしょうし、選手会の理解も得られない。
その他外国人枠の拡大に関してはまた別の問題が出てくるはずですが、その話は次回以降で考えようかなと。


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。