スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ニカラグアプロ野球の助っ人選手達が面白い件

ロースター見るだけで楽しめるとか・・・いや、パナマもなんですがね。





Liga Nicaraguense de Beisbol Profesional
所謂、ニカラグアのウィンターリーグにあたるリーグです。

そこにはニカラグア以外の選手、外国人選手も参戦しています。

ドミニカ:13
ベネズエラ:5
アメリカ:2
プエルトリコ:1
フランス:1

とのことでした。

気になったんでどういった経歴の選手なのか大雑把に調べて見ました(見つけられない人もいましたけどもね・・・)

LNBPの公式HPのRosterには国籍は書いてあるものの生年月日が書いていないので正確な情報はわかりませんが、Baseball-Reference.comなどを使って該当する選手を探してきてみました

・一部選手紹介

Wilton Verasは1999、2000年にそれぞれ36、49試合出場しているメジャーリーグ経験者で、その後はAAA⇒独立⇒メヒコなど渡り歩いている選手

イタリア経験者も多い。

今はわからないけどJuan FigueroaはCHW・BAL・STL傘下AA~08年からSan Marino、09・10年Grossetoに所属していたみたいで、Gustavo Martinez選手も08~2010年にIBLのRiminiとParmaでプレーしていたようです

また、2011年(今年)イタリアでプレーしていた選手達もいまして

NYY傘下Aレベルの後、08年から(1年ブンデスのほうにもいたみたいですけど)IBL:San MarinoでプレーしているWuillians Vasquez
PHI&ARI傘下のAAA~メヒコ~08年からIBLでプレー。現在Nettuno所属のJuan Camilo
さらにDe Angelis Knights所属のRodney Rodriguez(IBLのHPによればVEZ国籍、LNBP公式によればRep.Do国籍になってますね)

とかなり多い。

また、冒頭の方でフランス人なんかいるの!?!?と思った方もいると思いますが、フランス本国ではなくシント・マールテンというフランス領出身のRene Leveret選手
MIT傘下A+~アメリカ独立という経歴みたいでした


・ニカラグアリーグについて

参考までに
野球小僧:「ニカラグア野球紀行」

※コロンビア野球紀行っていう記事も読んだほうがいいかもしれません


それでこのニカラグアのリーグに参加している選手の経歴を見ていくとAAA経験者もいるものの結果は残せていない選手達で(Rk)A~AAに所属⇒解雇
そして、アメリカの独立リーグかメキシコ、イタリアなどにわたって野球をしていた選手がシーズン終了後、冬も稼ぐためにニカラグアに来るみたいですね

アメリカ独立リーグといってもCanadian American AssociatioやAtlantic Leagueなどでトップクラスの結果を出していればMEXなりVENなりDoなりのウィンターリーグにも行けるはずでそういったところにはいけない選手達が基本的には来るリーグということか。

でも、イタリア経験者VENのリーグにいるんだよなぁ。野球紀行の記事には、ドミニカのリーグの話を断ってより給料がもらえるニカラグアに稼ぎに来たという選手の話がありますし、一概には言えないのかもしれません

とにもかくにも、レベル的におおまかに言えば“AA”レベルと見るのが妥当か。


パナマもProbeis再開しましたし、ニカラグア、コロンビア、あとどっかないかね?・・・キュラソーか?
そのくらいのレベルのリーグで集まってアジアシリーズみたいなのやってくれないかなぁ。

そりゃぁカリビアンシリーズに参加できたらいいけどもね・・・そういや、2013年にカリビアンシリーズ参加って嘘か本当か知りませんが言われてましたね、ニカラグアとコロンビア。


なんか、面白かったので記事にして見ました。
一応、参考になればいいかなとか少なからずは思ってはいますけど・・・参考にはなりそうもねぇのが(苦笑)



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。