スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海外野球情報:台湾




興農球團提出總價2,160萬合約、爭取彭政閔加盟(CPBL)

興農が月:60萬元の3年契約、(出来高とかでしょうか?で)合計2,160萬元の大型契約を提示したみたいです
打線の核の補強。さらに、国内選手だけでチーム運営していくという方針を掲げていまして、それに合致するからということみたいです。チームの顔(知名度、話題など)としても期待しているとのこと

にしても、ここまで頑張るとは思わなかったなぁ。まぁ、不確定要素に金をつぎ込むよりは確実に戦力となる選手に金をかけたいというのは十分理解は出来る。

しかし、彭政閔の視点で見てみれば最下位独走のチームへいくということですね。そうなれば今までの知名度云々もかすれていくでしょうし、優勝争い出来るチーム環境ではいられなくなるわけですよね
いや、自分が優勝に導くっていうことなら、話は別ですけども(苦笑)

別の球団からのオファー待ったほうがいいような・・・


球団の補強ポイントだということに関しては、以前、FA資格者発表の記事でも触れました。
たしかに、1B・DHといったポジションは弱いし、右の強打者は不足している。でも、本当に不足しているのは投手だということは忘れてはいけない。

また、黃智培(BWC、WPT、WBC、11月に行われるMLB選抜戦における中華隊代表1B)、外野の李家駒といった2軍に控えている選手たちをどうやって上で起用していくんでしょうね?それも気になる。

若い選手で金をかけないでやっていくという方針とばかり思っていましたので・・・陽建福がFAしてくれれば臨時収入も入るし多少の負担軽減にはなるか

日本で言うところの広島の内川FA参戦みたいなものに見えて仕方が無いのだが気のせいだろうか・・・


MLB台灣賽/側投林晨樺 下月赴日本參加測試(NOWnews 今日新聞網)

今年は中華隊で主に活動し、今度のMLB選抜との対戦でも選ばれている台湾電力所属の林晨樺投手が宮崎フェニックス・リーグ開催期間中に入団テストを受けに行くそうです
どうなんでしょうかね、中日、阪神、ホークス、巨人、横浜あたりは興味持つ可能性があるのかな
受からない場合はCPBLドラフトを希望するということでしょうか


そういや、今年のドラフトでは羅國輝がどうなるのか?というのがひとつの話題になっていますね。

心繫旅外夢 羅國輝繼續衝(聯合新聞網)

契約が切れるということでまだ更新云々の話はないんでしょうか。シアトル傘下AAでプレーも成績的にはかなり微妙、おまけにもう26歳とこの年でこのレベルじゃ・・・MLB選抜との試合は就活でもありますね
CPBLドラフトにかかることも考えてはいるみたいですけども、まだ戻ってくるには若いんじゃ?とか、もうちょっと海外で稼ぎたいという思いがあるようで


他の候補者で言えば、07~08年までホワイトソックス傘下Rkでプレーしその後社会人と台湾代表で活躍し今年のWPT、WBCにも選ばれている林柏佑がつい先日CPBLのドラフトを希望。
BWC、MLB選抜戦に選ばれた羅錦龍もロッキーズ傘下AAAでプレーしていたけど今は無職ですしCPBLでやることになるんでしょうか

NPBもドラフトはいろいろ話題ありで盛り上がりましたし、CPBLドラフトの方も盛り上がってくれるといいですね


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。