スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2011 LVBP:10/26 Tigres VS Magallanes

需要あるのだろうか・・・


Tigres de AraguaNavegantes del Magallanes
1番:CFJoe BensonR/R221番:CFEzequiel CarreraL/L7
2番:2BLuis MazaR/R32番:3BFrancisco MartinezR/R57
3番:RFAlex RamonL/R173番:2BJose AltuveR/R12
4番:3BVinny RottinoR/R254番:DHRichard HidalgoR/R46
5番:1BHector GimenezS/R235番:CJesus FloresR/R26
6番:LFLastings MillegeR/R856番:RFKole CalhounL/L49
7番:DHAlex NunezL/R47番:1BMarcos VechionacciS/R88
8番:SSLuis HernandezS/R28番:LFAlberth MartinezR/R36
9番:CGuillermo RodriguezR/R79番:SSDarwin Perez S/R48
SPDrain DownsR32SPJerome WilliamsR57



123456789RHE
Tigres010000000132
Navegantes0031022008124



Tigres投手
Drain Downs(#32)⇒Carlos Vasquez(#41)⇒Yohan Pino(#39)⇒Rich Rundles(#44)⇒Francisco Butto(#38)


Navegantes投手
Jerome Williams(#57)⇒Robert Coello(#31)⇒Jose Ortega(#60)




1回裏
Ezequiel Carreraがショート横を抜くセンター前ヒットで出塁、 Francisco Martinezが初球の外角チェンジを打って4-6-3の併殺打。Jose Altuveがカウント1-1からの外角チェンジを打ってセンター前ヒット、Richard Hidalgoが遊ゴロに倒れる

2回表
2死まで調子よくアウトを取っていきLastings Millegeもショートゴロに抑えるも、ショートがエラー
初球から盗塁を成功させる。カウント2-2からAlex Nunezが外角に沈む球を打ってライトへのヒット、2塁走者が生還し、1点先制
Tigres 1-0 Navegantes
Luis Hernandezが内角のカットを打って1ゴロもファーストがエラーして2死1・2塁にしてしまうも、9番Guillermo Rodriguezをライトフライに抑える

2回裏
1死からKole Calhounが2-2から外角の速球を打ってセンターへのヒットも後続続かず

3回表
1死からLuis Mazaが四球で出塁、Alex Ramonは投手強襲の当たりを打つも、前に落ちた打球をすかさず拾って2塁送球、1塁もアウトで結果、併殺に

3回裏
1死からEzequiel Carreraが外角のスライダーを打ってセンターへの当たり。CFのJoe Bensonがヘッドスライディングで捕球しに行くもこぼしてしまい2塁打に。2死から3番のJose Altuveを歩かせてしまう
4番Richard Hidalgoは(カウント1-2から重盗に成功)四球で歩かせる
Jesus Floresにカウント1ー1から投じた低めのチェンジをすくわれてセンター前に運ばれNavegantesに逆転を許す
Tigres 1-2 Navegantes
2死1・3塁とピンチは続き、Kole Calhounに外角のスライダーをライトへ運ばれてさらに1点追加、1塁走者は3塁へ
Tigres 1-3 Navegantes
2死1・3塁のピンチは続いたが、Marcos Vechionacciをサードゴロに打ち取る

4回表
1死からHector Gimenezが四球で出塁。Lastings Millegeが内角に食い込むツーシームを上手く捌いてレフト線よりに落ちるヒット、LF送球の間に一気に2塁を狙いセーフ。1死2・3塁に
Alex Nunezはショート後方フラっと上がる打球。レフトがダイビングキャッチしてアウト、好守備に阻まれる
次打者のLuis Hernandezもショートゴロで得点ならず

4回裏
2死からEzequiel Carreraにデットボール、2番Francisco Martinez。カウント0-1から盗塁成功
真ん中低めのスライダー(?)を打ってショート頭上を超えるレフトへのタイムリー
Tigres 1-4 Navegantes
Francisco Martinezは盗塁スタートも、外されて2塁アウト

6回表
2死からHector Gimenezが四球で出塁、後続はアウト

6回裏
Tigres投手交代:Drain Downs ⇒ Carlos Vasquez(左)

Kole Calhounが四球で出塁、Marcos Vechionacciの打席・カウント2-1から1塁走者が盗塁、送球がそれる間に3塁へ
守備隊系が前進守備に
次打者のAlberth Martinezの打球は跳ねて投手頭上へ転がるセカンドゴロ。セカンドがセンター寄りの打球を捕球体を捻って1塁送球。1塁送球がそれている間に3塁走者が生還
Tigres 1-5 Navegantes
Alberth Martinezが1塁方向へセーフティーバント、ヘッドスライディングで1塁に駆け込みセーフ、内野安打で無死1・2塁、9番Darwin Perezがバントに成功し1死2・3塁。
Ezequiel Carreraがライトへの犠牲フライでダメ押しの1点を追加
Tigres 1-6 Navegantes
2死2塁となり投手交代

Tigres投手交代:Carlos Vasquez⇒Yohan Pino
後続を打ち取る

7回表
Navegantes投手交代:Jerome Williams ⇒ Robert Coello
無難に抑える

7回裏
Jose Altuveが3塁線よりのゴロ、サードが後ろに弾いて2塁打、Richard Hidalgoがバント
5番Jesus Flores真ん中寄りに入ってきたツーシームを打ってレフト前に落ちるタイムリーヒット
Tigres 1-7 Navegantes
Tigres投手交代:Yohan Pino⇒Rich Rundles(左)

走者をためて1死1・2塁、Marcos Vechionacciがセンターへ抜けるタイムリーヒット
Tigres 1-8 Navegantes

8回表
Robert Coelloが突如制球が乱れて2死満塁のピンチを作って、投手交代

Navegantes投手交代:Robert Coello ⇒ Jose Ortega
なんとか抑える

8回裏
Tigres投手交代:Rich Rundles ⇒ Francisco Butto

9回
イニングをまたいだOrtegaが走者を2人も出してしまうが、抑えてゲームセット


○選手評、感想など

・Tigres

Drain Downs
CHC⇒TBR⇒FALのマイナーに所属。CHC時代はA~AA、TBR&FALではAA~AAAレベルでプレーしている26歳
先発していますがマイナーだと中継ぎのほうが多い。三振は取れないこともないし四球も少ないけどもやや被安打が多め。
球威はない、技巧派左腕。スリークォーターからスライダー、チェンジ、カットなどの変化球を低めに投げていき打ち取っていく。

Yohan Pino
MIN傘下AA⇒CLE傘下AAA⇒今季はTOR傘下AAでプレーしていた27歳の右腕
中継ぎやったり先発やったり。空振りは取れるし四球は気にならないけど、被安打と被本塁打が多いね。(2010年)CLE傘下AAAに所属していたときは26試合先発、イニング:145.2、被安打:175、被本塁打:25っていう数字残しているくらいですからね

Rich Rundles
WSN傘下AA⇒MYM傘下AA⇒CLE傘下AAAでプレー。08年CLEのAAAで55試合登板しメジャーでは8試合登板、09年はAAAで45試合登板もメジャーでは1試合だけ。10年からSTL傘下のAAAに所属。
10年は56試合、防御率:3.23、IP:55.2、被安打:56、被本塁打:4、四球:18、三振:35、WHIP:1.33
11年は35試合、防御率:1.80、IP:30、被安打:24、被本塁打:3、四球:15、三振:29、WHIP:1.30 の成績

被安打と四球が気になるところ。06年あたりまでは先発もちょくちょくやっていますけど、CLE移籍後に中継ぎ専門になってそこから試合にも出るようになったということでしょう。

195cmという長身ながらサイドハンドという左投手。インステップで踏み込むために左打者は向かってくるように見え、更に横から投げてくるから球が打者から見て内から出てくるよう。外角も相当遠く感じるでしょう
制球が悪いのは体重が乗り切っていないからでしょうか
球も高めに浮くかはっきりするかのどちらかで使いにくそうだ、正直なところ。

Francisco Butto
PHI傘下AA⇒NYY傘下AAA⇒メキシコ⇒PHI傘下AAA⇒メキシコとなんか色々と苦労しているんですね
左足が曲がりきってないというか体重乗り切ってない、アウトステップというか前に運ぶ足がガニ股っぽい。特に見所がない投手


・Navegantes

今、巷で噂のCHC傘下AAAに所属している左の強打者Bryan LaHairが所属しているんですけども出ていませんね。結果は出していますから安心して下さい、楽天ファンの皆様(苦笑)他のチームも獲得予定ですか。
あと、阪神第2の外国人野手の育成戦士で話題になったベキオナチさんがスタメンですよ

Richard HidalgoはHOUで中軸打っていた選手みたいですね、今はもう36とベテランで。だいぶ昔の話ですが「オリックスが獲得か」みたいな話も記憶にあるんですが、違う人かな?

3番のJose Altuveは23歳ながら今年HOUでメジャーデビューした選手
A+からAA昇格後の35試合で打率.361、出塁率.388と打って、メジャーでは57試合で打率.276、出塁がこれに近い成績なのがなんとも言えませんけど、期待の星といったところでしょうか
170cm前半の小柄な選手ですが、巧みなバットコントロールでヒットを打つ選手

先発のJerome Williamsは10年に台湾(CPBL):統一ライオンズで48試合(先発16)、7勝9敗13SV、防御率:3.107、イニング:139、被安打:134、被本塁打:4、四球:39、三振:76の成績を残し、11年にLAAとマイナー契約。
AAAで好投し、後半戦にメジャー昇格。10試合(先発:6)、4勝0敗、防御率:3.68、イニング:44.0、被安打:45、被本塁打:6、四球:15、三振:28、WHIP:1.364の成績を残した選手
LADやOAK傘下AAAで投げてはいたしレベル的にはAAAの選手ではあったんですが。他にもプエルトリコでもプレー経験ありで今回はベネズエラ。いやぁ、すげぇな。

タイプ的には球を低めに集めて&球を動かして打たせて取る投球。ツーシーム、カット、チェンジ、カーブ、スライダーといった球種をテンポよく投げ込む。
この試合で見れば、味方がエラーしたりキャッチャーが簡単なファウルフライを捕球出来なかったりかわいそうな面もあったけども、追い込みながらも四球で走者を出して、ヒット打たれて。走者を抱えながらも粘り強いつ球をしていましたが。

Robert Coello
BOS傘下AA~AAAで好投し10年にBOSで6試合登板、防御率:4.76、イニング:5.2
11年はCHC傘下AAAで30試合(先発11)防御率:4.45、イニング:95、被安打:85、被本塁打:11、四球:41、三振:94、WHIP:1.33の成績
中継ぎやったり先発やったり、良くもなく悪くもなく・・・三振は取れるね。
右のオーバーから叩きつけるようにして投げるフォームが特徴。カット、ツーシーム、カーブなどが持ち玉みたいですね。やや状態を斜めに傾けるようなそんな感じも特徴かな


大味な試合でした。にしても、Tigres打撃湿り過ぎじゃないか?まぁ、まだ先はあるから問題はないでしょうけど・・・打撃にカンフル剤が欲しいね。

最後に試合には関係ない話ですが、メジャーデビューを飾ったNYY期待の若手Jesus Monteroがこの試合を見に来ていましたね、TV局のアナからインタビューを試合中に受けていました


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。