スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2011台湾シリーズ 統一VS桃猿:直前特集、Part2

前回記事 ⇒ 「2011台湾シリーズ 統一VS桃猿:直前特集、Part1」




今回は投手を中心にお届け


○統一

シーズン後半から話していきますと羅伯特(Reichert)に加えて、後半戦加入組の格林(Glynn)、邁克爾(Etherton)、潘威倫というのが今季の主な先発陣。
しかし、潘威倫が肘(だったかな)の怪我で離脱した後、格林(元ハム)も足の負傷で離脱し、徐余偉、蔡豪といったところが先発の穴を埋めていく形でなんとかしのいだ後半戦でした。

ビハインドのリリーフ要員だった徐余偉、蔡豪の二人は当初の予想よりはかなりいい成績でしたが、後半戦の主力投手と打者の離脱が重なり、後期は出足で躓いてそれが響きました


中継ぎ陣は、高建三 ⇒ 林岳平の必勝ライン以外では、(最初に上がってきたときは先発でしたが)新人の廖文揚、今季は中継ぎで10勝を上げている王鏡銘
他にはビハインドのロングリリーフ要員の林正豐、右サイドハンドの張志強、ずんぐりむっくり左腕の李瑋華といったところが後半戦は戦力であった

王鏡銘は高建三に代わり9月半ばくらいから方程式&勝ってる試合での点差がついた場合でロングリリーフを担ってましたね


・投手陣のシリーズでの起用

まず先発陣ですが防御率:1.472でLamigo戦は0.663という相性の良さであった格林(Glynn)を第1戦に持って行き、中3日で第4試合、さらに最終戦にも(状況次第で)いかせたい意向を監督が持っているとの話し。

しかし、格林(Glynn)は故障箇所の腿四頭筋のほうは問題がなさそうなんですが、先日行われた練習試合で鼠径部への不安を訴えておりまだどうなるかよくわからない状況
さらに、潘威倫も9月に復帰登板はしたんですが(その時は5回くらいで降りていたと記憶しておりますが)その後の状況が思わしくなく長いイニングを任せられるかどうかかなり微妙なところで統一の先発投手陣の状態は決していいとは言えない。

ケガでやや心配である格林(Glynn)に任せるくらいなら、邁克爾(Etherton)を一番最初に持ってきたほうがどう考えてもいいとは思いますけどね。先日行われた練習試合でも3回無失点に抑えて仕上がりに問題なさそうで今一番信頼できる投手といえるし。

第2に羅伯特(Reichert)、第3に格林(Glynn)でいいんじゃないかと自分は思うのですが

第4は王鏡銘が潘威倫の代わりに行くという事みたいですが、先発での彼は正直今期に関して言えばよくない。
なので第4試合は(後半戦先発に定着した)徐余偉を先発がいいと思っています。
彼を左の中継ぎ及び中継ぎのロングリリーフ要員で中においておきたいというのもわかる。
ただ、Lamigo戦では防御率が10点台と悪い。で、それは中継ぎでの成績で、徐余偉は実は今季1度も先発でLamigo戦には投げていない。
なので、“奇襲”ではないけども4戦へ持っていく価値はあると思う。

中継ぎの事情で考えても守護神の林岳平と高建三以外の中継ぎがやや心配な布陣でもあるのでやはり王鏡銘は中においておいたほうがいい。

ケガの潘威倫、格林がどこまでできるのか、というのが統一にとっては鍵でしょう。


○桃猿

チームのエースとして回ってきた銳(Ray)今季後半から加入エース級の活躍を見せた尤猛(Youman)
シーズン後半から先発に回り安定感ある投球を見せた左腕の鄭承浩
先発中継ぎどちらも無難にこなせる黃欽智、その他には後半戦で伸びてきた王豐鑫、といったところが後期リーグでは先発でした

元千葉ロッテの酷力(Corey)は先発では戦力にならなかったため今シリーズ中の先発起用はないと思っています。統一相手に6イニングを投げて自責2という成績を残しているのですが、他の試合ではほとんどイニングを投げておらず先発としての信用度は低い。
中継ぎで3イニング投げたときは無失点だったので、おそらく(ロング)リリーフ要員だと思われます、特に先発が弱そうな第3・4戦あたりでの。


今季の勝ちパターンは林敬民 ⇒ 許銘へつなぐという形。

他には中継ぎ左腕としてチーム最多の60試合登板の林家瑋、ビハインドや敗戦処理といった起用が多かった曾兆豪、李居冠など。

・投手陣のシリーズでの起用

第1:銳
第2:尤猛
第3:鄭承浩(or黃欽智)
第4:黃欽智(or王豐鑫)

・・・かな?コーリーが3・4戦に待機しておいてロングや早い回から出していくという方針だと思います。
ただ、鄭承浩が統一相手に相性がやや悪いので、21.1イニングを投げて防御率2.109と統一戦で結果を出している王豐鑫を先発させてくるかもしれません。
コーリーを先発させるなら変わってくるんですけども。そうなった場合は、中継ぎに関して左腕が薄いので黃欽智を中に持ってくる可能性が高いでしょうか。

あとは、無難に銳(Ray)を中3で持ってきて目先の試合をどんどん積極的の取りに行くか。それくらいしか変えれる部分が正直なところ見つかりません


こんなところでいかがでしょうか?
この程度の大雑把な選手の役割及び起用方針を抑えておけばいいと思います、あとは楽しむだけですね


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。