スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Baseball World Cup 2011:ドミニカ代表1次ロースター

バハマ出身の俊足巧打のCF(LFなんかも守る)であるAntoan Richardsonが先日メジャーデビュー。
こちらの各記事にてデビューについて書いてあるそうです。
http://www.thenassauguardian.com/index.php?option=com_content&view=article&id=12653&Itemid=50
http://www.thenassauguardian.com/index.php?option=com_content&view=article&id=12755:richardson-needs-armbristers-insight&catid=41:sports&Itemid=50
http://freeport.nassauguardian.net/sports/97828530671652.php
http://www.talkingchop.com/2011/9/4/2404339/braves-add-peter-moylan-and-antoan-richardson-to-expanded-roster
情報提供してくれたのは当ブログにコメントしてしてくださる方です(許可が出ていないので一応、名前は挙げないでおきます)いつも、誠にありがとうございます。

閑話休題

ドミニカの1次ロースターですがなんか今更かよって思うのでしょうけど、一応調べておいたので・・・


39 Copa Mundial: República Dominicana se prepara (BaseballdeCuba)

選手名のリンク先はFanGraphs、Baseball-Referenceといったデータサイトです。気になった選手がいれば成績詳細を各自見てください
 あと、選手名とリンクした選手名が間違っている可能性があると思います、ご了承下さい(今のところ間違えた様子は見当たらないんですがね)


投手
Willy LebrónMario ÁlvarezLorenzo BarcelóJuan Antonio PeñaFabio Castro
Luis VizcaínoJosé CabreraArnaldo MuñozClaudio VargasNelson Payano
Roberto GirónDario VerasLogan DuránRafael CruzEddy Candelario
Juan SalasÁngel CastroDarío ÁlvarezNatividad Dilone

捕手
Alex CastilloRobinson Díaz

内野手
Tony BatistaPedro LópezBernie CastroÁngel FermínErick Almonte
Alexander ValdezWillie OtáñezVíctor Mercedes

外野手
Fredy GuzmánJosé CampusanoSamuel Vásquez
Timoniel PérezRicardo NanitaVíctor Méndez


初めてこの1次ロースターを見た時の感想はと言うと「日本人野球好き(マニア)向けに作ったロースターかよ」です。
クルス,パヤノ(元中日)、ティモ・ペレス(元広島)、E・アルモンテ(元日ハム)、バティスタ(元福岡)・・・(ちなみに、2011カリビアンシリーズ経験者がいましてパヤノとV・メルセデスです。今回の代表入りはしていないもののデラクルスもでていた、という豆知識)

平均年齢はパッと見た感じ30(オーバーしてるかな)レベル的にはAAAといったところでしょうけど、今何しているの?というような人間も多々いますから、よくわからねぇというのが本音

参考までに

2010 Central American and Caribbean Games (Rosters)
2010 Pan American Games Qualifying Tournament


ドミニカ代表オーダー
1番:RFRicardo Nanita
2番:2BBernie Castro
3番:CFVíctor Mercedes
4番:DHWillie Otáñez
5番:3BTony Batista
6番:1BErick Almonte
7番:LFTimoniel Pérez
8番:CRobinson Díaz
9番:SSPedro López


マイナー成績と国際大会での経験を考えたらこんな感じかな?と。軸になるのは間違いなく、NanitaとOtáñezです。とくにNanitaは左打ちの巧打者で選球眼がいい(といってもカリビアンシリーズの数試合しか見たことないんだけどね)、Otáñezはメキシコでも現役の主砲
バティスタは国際試合は経験豊富だし使うかなぁと。Ángel Fermínっていう代役もいるみたいですし。
打線はつながり・一発・経験ありと面白いとは思う、加齢臭が結構すごいけど(苦笑)

先発陣は首脳陣がもう明言しておりまして、Lebrón、Álvarez、Barceló、Peña、Castro といったメンツをメインに回していくとのこと。彼らは国際経験もある人達です。
そこにPayano 、Darío Álvarezといったところがリリーフでささえる布陣(もしかしたらクルス⇒パヤノのリレーが見られるかもね)


AA~AAAレベルの投手陣たちを持ってきているので乱打戦と投手戦を繰り返すような感じになるかもしれませんが、いずれにしても打線主体のチームであることは間違いない

打ち勝つ野球で優勝となるでしょうか?楽しみです



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。