スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Baseball World Cup 2011:台湾代表発表

このメンバーで決定みたいです




[ 2011世界盃 ] 中華隊24人名單公布 (中華民國棒球協會)

メインは大学社会人のWorld Baseball challenge & World Port tournament経験組に肉付けする形でマイナー+日本2軍からも選出。というのは、以前から情報を出しているからわかってくれていると思います。


投手:11
林清林晨樺(台電)、林柏佑(威達)、陳禹勳(新北市)、邱浩鈞(美孚)
郭俊麟(富邦)、陳冠儒(泰安)、羅錦龍(前ロッキーズAAA)
王躍霖(カブス-A)、陳冠宇(横浜)、陽耀勳(福岡)

捕手:3
王峻杰陽冠威(崇越)、陳俊秀(インディアンスAA)

内野手:6
陳偉志蕭帛庭(台電)、林瀚林威廷(崇越)、黃智培(替代役)、郭阜林(ヤンキースRk)

外野手:4
林加祐(合作)、黃義坤(富邦)、藍寅倫(高苑)、羅國輝(シアトルAA)


捕手、DH争いが熱い気がします。3Bは郭阜林・・・?それだとちょっと弱い気がしますけども。

打線の主力となるのは上に書いた国際大会2つで結果を出した蕭帛庭、林瀚、黃智培+マイナー組の羅國輝、陳俊秀
3or4番 DHorRF(もしかしたらCF):羅國輝、って感じでそれに合わせて空いたポジションに埋めていくというところかな。
あと、長打を補うためにCは陳俊秀で決定じゃないかと思いますけど、他2名もいいんだよね。なので、陳俊秀がDHになる可能性も大いにある。
打線は色々と組み合わせができそうでとてもおもしろく国際大会でも結果を出しているメンツだから監督としても心強い。

たいして、投手は不安が。今季2軍で結果を出している陽耀勳、台湾大学球界の至宝で現在横浜の2軍でそこそこの陳冠宇、現在無職の羅錦龍に加えて国際大会組の林清、林晨樺、陳冠儒で回していく。
(全体的に左腕が弱いために、日本組の2人は中に持ってくるかもしれません)


とにかく、WBC・WPTと結果を残して期待はできるものの今回の大会はその2つの大会よりどう考えてもレベルが高い
WPTではキュラソー、WBCではバハマ、カナダ代表という名のアマ軍団、北京Tといったレベルの国は出てこない。
ギリシャくらいです(キュラソーはそこそこ強いけども、層の問題で。あえて出してみました)

そういった中で投手陣がどうかなぁ回していけるのか、そこがポイントでしょうか
上位候補の一つでしょうから頑張って欲しいですね


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.09.15 00:25 # [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。