スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

Juegos del ALBA 2011 総括:キューバ代表中心に

長いので見るなら各自飛ばすなり何なりして下さい





公式HP : IV Juegos del Alba Venezuela 2011

公式にあった記事
Cuba campeón en béisbol
Cuba se desquitó de Venezuela en beisbol 11-1
Venezuela liquidó a Nicaragua en Beisbol 10-4
Cuba blanqueó a Nicaragua 3-0 en Beisbol
Venezuela dominó a Cuba 3-2 en beisbol

キューバ公式の記事

Torneo del ALBA: Cuba cae en debut
Torneo del ALBA: Cuba vence a Nicaragüa 3-0
Torneo del ALBA: KO sobre Venezuela, 11-1 en 8 entradas
Torneo del ALBA: Otro KO, 19-5 ante Nicas. Cuba juega final el jueves
Torneo del ALBA: Cuba se corona campeón 10-6 sobre Venezuela


最終的なチーム&個人の成績詳細など詳しい情報は ⇒ こちら

ということで、キューバが初戦以外はしっかりものにしました。ベネズエラもメンツ的にさすがにキューバのトップクラス相手じゃきつかったろうけど、善戦したと言えるんじゃないだろうか?初戦といい最終戦といい。
ニカラグアには苦労することもなかったみたいだしね


○キューバ代表

・打線

キューバ代表オーダー
1番:SSAledmis Díaz
2番:3BMichel Enríquez
3番:2BDanel Castro
4番:DHErnesto Molinet
5番:LFDariel Álvarez
6番:1BYoennis Southeran
7番:CEriel Sanchez
8番:CFReutilio Hurtado
9番:RFLiván Monteagudo


なんというか、対戦相手によっていろいろなんでこういった統一っていうのはないか。とりあえず、1・2・3番は基本的にはこれだったみたいです。
Hurtado、Southeranといった選手がその日の組み合わせ次第で5~8番を打っていた。Eriel Sanchezが初戦・2戦目と4番を打っていましたけど、さすがにきつかったのかな。なぜに、Reutilio Hurtadoが4ないしは5番じゃないのか?と自分には疑問に思えたんですがねぇ。少しづつ打順を繰り上げていったあたり、いろいろ試す目的と最初は調整的な意味合いだったのかも。

他にはJorge Luis Barcelánが3B・DHでEnríquezの控え、Dariel ÁlvarezがCF入ったりもあった。
若手というかいろいろな選手を試す場だし特段問題ってわけじゃないですけど。その煽りを受けたからなのか知りませんけどBellは2試合しか出ていません。

Aledmis Díazは非力なショートのイメージしかなかったんだ、ごめんよ。でも、SSはボロトが波あるタイプに自分には見えますから、他の選手も奪ったり出来る可能性はあると思うんだ(代表経験の問題はあるけども)。
Enríquezの2番もハマっていましたしね、国際大会ではどちらかといえばこういった役割が求められる打者だから別になんとも思わないが。

Danel Castro、Ernesto Molinetといった中軸起用の選手たちはよくやっていたし、いい経験になったでしょうし打線は相手が相手とはいえ収穫があったと思います


・投手

キューバのエースFreddy Álvarezが初戦・最終戦とベネズエラ戦で好投(初戦は負けましたが)、彼なら当たり前でしょうけど・・・。
Miguel Lahera、Noelvis Entenzaが今後代表での活躍が期待されるのと、Odrisamer Despaigneが最終戦はちょっとダメでしたがイニングもある程度食えるロングとしてはなかなかだったみたい(11奪三振。ニカラグア戦で8個でした)でそれが収穫でしょうか


○ベネズエラ代表

ベネズエラ代表オーダー
1番:SSRodolfo Cardona
2番:3BLarry Infante
3番:CFYhonathan Sivira
4番:LFArturo Rivas
5番:RFRonald Acuña
6番:CJuan Fuentes
7番:DHFernando Graterol
8番:1BAlberto Odreman
9番:2BJesús Mogollón


大体はこんな感じみたいですけどね、キューバ公式の見たところによれば
控えはFranklin Túaがちょこちょこでていたくらいかね

打線は悪くもないが・・・て言う程度、長打がもうちょっと欲しかったね。投手陣は7.1イニング無失点のCarlos Moriくらいか。


それで、いまさらで申し訳ないのですが

2010 Central American and Caribbean Games (Rosters)

打線の軸であるRonald Acuña、Yhonatan Sivira、捕手のFranklin Túa、投手陣ではCarlos Mori、Omar Díazなんかが出ていたんですね。


○ニカラグア代表

Nicaragua cae ante Venezuela 6-1 en béisbol de los IV Juegos Alba (La Nueva Radio YA)

この試合の結果上にはなかったきがしたので、持って来ました
ということで、まぁ、全然ダメでしたね、とりあえず投手陣も抑えられない、打線は打てないでしたし

ニカラグア代表オーダー
1番:SSCarlos Vanegas
2番:RFNelson Gaitán
3番:3BHernaldo Aráuz
4番:1BFrancisco Mendoza
5番:CJulio Cortez
6番:LFJorge Narváez
7番:2BHarby Gutiérrez 
8番:DHGabriel García 
9番:CFDenis Rodríguez


すいません、打順まではよくわからなかった、テキトーというかかなり大雑把なもの・・・見ないほうがいいかも。とにかく、打っているのがRafael Estrada、Nelson Gaitánしかいませんね

チーム打率&出塁率ともにめっちゃ低くて点が取れない上に、投手陣はかなり悲惨な数字でチーム全体の数字で32イニングで20奪三振・18与四球、被安打52と3チームでずば抜けた被安打なのに、他チームより奪三振は10個以上少ないし被本塁打も(ベネと並んで)6本。
勝てる要素がない

25歳以下の若い編成、それもリーグ戦で第2ラウンドに進出できなかった8チームからの選抜チームとなればしょうがないけども、それでもやっぱレベルに開きがあるね、だいぶ。色々と数字がひどい


○感想

ベネズエラやニカラグアに多少なりとも知れたのは良かった。しかし、ニカラグアはまだまだ厳しそうだ、先ほど行ったような条件があるにしろ。
キューバは勝って当たり前ですし特にこれと言って。知らない選手もいたので勉強になったけども、再確認も含めて。

パンアメリカン、ワールドカップへ向けた調整の場という位置づけで参加してきた各国。特にキューバはWPTやWBCと合わせての参加でしたので今後の選考にどう影響してくるのか非常に楽しみです

最後に、キューバおめでとう。セスペデスが出る予定だったのにあんなことになったけども・・・

キューバについては

お邪魔します。
3大会それぞれのキューバ代表の戦いぶり…トータルではまあまあでしたが、ロッテルダム組(B代表)がイマイチでした。
得点効率の悪さばかりが目につきましたね。
そもそも監督のロヘル・マチャドが何故こんな出世街道を突き進んでいるのか全く不明なので、この結果で良かったのかも。
マチャドは現役時代ペスタノと同年齢の捕手で、代表チームではいつも当然ベンチ。国内ではトップ級捕手の一人でしたが、特別打ったでもなし(ペスタノと似たレベル)。(西武の伊東のように)所属チームが特別強かったわけでもなく。なのに、現役引退即所属チーム監督就任でした。引退即監督なんて近年あまり知りません。その上今年はB代表監督です。

それはともかく…
これで秋のA代表選考は見えてきたでしょうか?
捕手:ペスタノ、ベーヨ、アラルコン、モレホン
内野:アブレウ、マジェタ、モリネ、オリベラ、セルセ、グリエル、エンリケス、ボロト、アヤラ、アルエバルエナ
外野:セペダ、Aデスパイネ、ドゥベルヘル、レイバ、ウルタド、プイク、カスティーヨ
投手:Mゴンサレス、ベラ、アルバレス、ペドロソ、Vガルシア、イノホサ、ヒメネス、Oデスパイネ、ラエラ、マルティネス、エンテンサ、イバラ、ソト、シベリオ、Nゴンサレス、Yゴンサレス…投手は絞りきれない。

2011.07.31 10:43 ふがどーる #- URL[EDIT]

こんにちは。
F.アルバレスは安定していますし、W杯でも大事な試合を任せられそうですね。
代表選考、楽しみです。W杯は特に優勝しなければならない大会ですし、レギュラー捕手はやはりペスタノでしょうか。あと、センター、ショート、セカンドのポジション争い、エンリケスの使い方に注目しています。

この記事には関係ありませんが、伊良部さんの死去、残念です。豪放な人ほど繊細なのかもしれません。速いだけでなく、重くて力のある直球を投げるというイメージが残っています。




2011.07.31 14:02 あもう #- URL[EDIT]
Re: ふがどーる様

お邪魔します。

コメントありがとうございます、ふがどーる様。


3大会それぞれのキューバ代表の戦いぶり…トータルではまあまあでしたが、ロッテルダム組(B代表)がイマイチでした。得点効率の悪さばかりが目につきましたね

その通りでしたねぇ、WPTは打順をいじるのが遅かったりメンツの入れ替えが遅かったりいろいろとあったかと。


そもそも監督のロヘル・マチャドが何故こんな出世街道を突き進んでいるのか全く不明なので、この結果で良かったのかも。マチャドは現役時代ペスタノと同年齢の捕手で、代表チームではいつも当然ベンチ。
国内ではトップ級捕手の一人でしたが、特別打ったでもなし(ペスタノと似たレベル)。(西武の伊東のように)所属チームが特別強かったわけでもなく。なのに、現役引退即所属チーム監督就任でした。
引退即監督なんて近年あまり知りません。その上今年はB代表監督です。


聞きませんよね、引退即監督って。日本だと落合みたいな現役時代晩年はコーチみたいな人がキャンプの臨時コーチや解説なんかをやって、そっから監督というような事例はありますか。監督をやっていた、2軍で指導していない人間が監督というケース。あと、これに当てはまりそうなのは野村謙二郎でしょうかね


それはともかく… これで秋のA代表選考は見えてきたでしょうか?

基本はWBCのメンツということで、そこに若手を。


捕手:ペスタノ、ベーヨ、アラルコン、モレホン

モレホンは国際大会経験ありということで使われていなかったんでしょうか?ALBAでは用なしでした。WPTのときはベロ&ラ・ローサが全く打てなくて結構足引っ張ってましたよね、最後の方はO・アリアスが出ていましたし。
メンツ的にはそうなるのかなぁ。結局ペスタノだしなっていう程度にしか思えないのがなんとも異様な光景に思える。


内野:アブレウ、マジェタ、モリネ、オリベラ、セルセ、グリエル、エンリケス、ボロト、アヤラ、アルエバルエナ

マジェタって結構難しい立場の人間に見えます、やはり。アブレウいればいらないし、セペダいればまかないきれる。彼は左の長距離ということで貴重ですが、1B・DHでしか使えないので。結果、WBCでは3B兼DH要員(SSにも入っていましたね)としてR・レイエスがいい働きしていました。
でも、1B打撃要員はやはり欲しいですし、この辺は実績などを考慮して編成するかどうかだけですね

アルバルエナ(現地の解説聞いているとアルバエーナって感じに自分は聞こえるんですが)は代表選ぶほどの選手ですかね・・・希望枠的な?(ALBAでも打ってましたし)A・ディアスのほうがいいかと思います
他は同意、ですかね。


外野:セペダ、Aデスパイネ、ドゥベルヘル、レイバ、ウルタド、プイク、カスティーヨ

これも同じかなぁ。ドゥベルヘルは使われていませんでしたけども、手元においておきたいタイプ。
あとは、ALBA参加組からD・アルバレスとかですかね?便利そうじゃないですか
俺のフィスたんはどうした・・・くそぅ


投手:Mゴンサレス、ベラ、アルバレス、ペドロソ、Vガルシア、イノホサ、ヒメネス、Oデスパイネ、ラエラ、マルティネス、エンテンサ、イバラ、ソト、シベリオ、Nゴンサレス、Yゴンサレス…投手は絞りきれない。

V・ガルシアなんかには期待してたり。あとはラビですかね、まぁ、この前はうまく使ってもらえなかった感じですが。先発が薄く見えるなぁ、左のワンポイントも欲しいか。
N・Yゴンはロングっていう感じでもあるし・・・う~ん。投手はわからないなぁ。層が薄いのもあるし、似たような選手も多いし・・・

2011.07.31 14:30 野球ふぁん #- URL[EDIT]
Re: あもう様

こんにちは。

こんにちは。コメントありがとうございます、あもう様。


F.アルバレスは安定していますし、W杯でも大事な試合を任せられそうですね。

というかどう言う先発組むのかってのがわからないんですよね・・・だからほんとうの意味で先発だ!って言えるのが彼とM・ゴンかなと。N・ゴン先発もあるんですが、左の枚数が少ないことを考えると国際大会では基本的にロングになる可能性が高いし、Yのほうも同様。あとは、中継ぎをどう形成していくか次第なのかなと。


代表選考、楽しみです。W杯は特に優勝しなければならない大会ですし、レギュラー捕手はやはりペスタノでしょうか。あと、センター、ショート、セカンドのポジション争い、エンリケスの使い方に注目しています。

そうですね、こういったところは大きなポイントでしょうか。
ポジションと打順の兼ね合い(1・2番をどうするのか?クリーンアップは?)なんかが楽しみですよね。内外野ともに強打者はたくさんいますが、小技が使えて塁に出て足を使えるタイプも必要だし、代表選考になればユーティリティも必要ですからねぇ

捕手はペスタノ以外思いつかない、よっぽど打てないとなると控えが出てくるでしょうけど。


この記事には関係ありませんが、伊良部さんの死去、残念です。豪放な人ほど繊細なのかもしれません。速いだけでなく、重くて力のある直球を投げるというイメージが残っています。

いいですよ、別に。先日取り扱ったばかりですから。
投球理論を大事にしていたり登板前の飲酒のエピソードなどあの体に似合わず純粋な野球小僧だったんでしょうね。日本で指導者として活躍している彼の姿を見たかったです、本当に残念でした。

2011.07.31 14:45 野球ふぁん #- URL[EDIT]

再びオジャマします。

アルエバルエナはまだミス多いし、打撃も物足りないけど、キューバ野球顧問みたいなオランダ人いますよね。その人が買ってる。
あと、日本人から見て純粋に「キューバ野球のあって欲しい姿」を体現できるかどうか?ですね。
ディアスの守備には、自分のとって驚嘆や憧れを呼ぶ要素がないんです。かつてのヘルマン・メサ(大学時代の井端を仰天させた)の後継者が見たいという願いがあって、無論アルエバルエナは全然メサの域に達してないけど、、、
アヤラはちょうど、今のアルエバルエナを10年足踏みさせた後のような存在なんだけれど、今からでも遅くない。大型ショートとしていぶし銀的存在になってほしいです。

D・アルバレスについては、確かに期待の外野手ですね。でも所属のカマグエイでも今期センターを15イニング位しか守ってません。
約500イニングをLF・RFで出場。同世代のD・バローナがセンターですね。
ALBAで決勝以外に神憑り的だったモリネは、去年までセカンドだったんですね。グリエルと同年。今セカンドで代表スタメンは無理か分かりませんが…(一塁・ライト兼で)ユーティリティー枠なら無くもない。
レイエスは忘れてました。大活躍したのに(笑)。セルセよりもあちこち守れる点では有利かも。

投手は、結局大会準決勝以降はMゴン、アルバレス、ペドロソ、(ベラ)あたりで回すので、他の面子は大同小異なんですね。Mゴンが先日の大会で今一つだったのが気がかりですが。あとは、イバラがA代表としても通用するかどうかが大きな分かれ道でしょうか。

2011.07.31 17:08 ふがどーる #- URL[EDIT]
Re: ふがどーる様

再びオジャマします

コメントありがとうございます、ふがどーる様


アルエバルエナはまだミス多いし、打撃も物足りないけど、キューバ野球顧問みたいなオランダ人いますよね。その人が買ってる。あと、日本人から見て純粋に「キューバ野球のあって欲しい姿」を体現できるかどうか?ですね。ディアスの守備には、自分のとって驚嘆や憧れを呼ぶ要素がないんです。かつてのヘルマン・メサ(大学時代の井端を仰天させた)の後継者が見たいという願いがあって、無論アルエバルエナは全然メサの域に達してないけど、、、アヤラはちょうど、今のアルエバルエナを10年足踏みさせた後のような存在なんだけれど、今からでも遅くない。大型ショートとしていぶし銀的存在になってほしいです。

アルバルエナの守備がいいのは知っているし、これからの選手なのはわかってはいます。問題なのは数カ月後に行われる大会で戦力として計算できるかどうなのか、ということであってそれ以上でもそれ以下でもないんですよ、自分の言いたいことは。
それとショートって言うならA・ゲレロなんかは?ちょっと打撃粗いか・・・


D・アルバレスについては、確かに期待の外野手ですね。でも所属のカマグエイでも今期センターを15イニング位しか守ってません。約500イニングをLF・RFで出場。同世代のD・バローナがセンターですね。

ALBAではLFメインでCFもやらせてますね。こういう国際大会での起用方法ってのは今後の参考にしたいから試しているわけですし、もしかして?選ばれることもあるのかな。


ALBAで決勝以外に神憑り的だったモリネは、去年までセカンドだったんですね。グリエルと同年。今セカンドで代表スタメンは無理か分かりませんが…(一塁・ライト兼で)ユーティリティー枠なら無くもない。

モリネトは大会ではDHでしたね、DHってのは代表では一番きついだろうし、どうでしょうね。
1Bもあってないようなものか。


レイエスは忘れてました。大活躍したのに(笑)。セルセよりもあちこち守れる点では有利かも。

レイエスはユーティリティで便利だと思うのですが、右打者ってのはお腹いっぱいでしょうかね?


投手は、結局大会準決勝以降はMゴン、アルバレス、ペドロソ、(ベラ)あたりで回すので、他の面子は大同小異なんですね。Mゴンが先日の大会で今一つだったのが気がかりですが。

それいっちゃったら・・・(苦笑)でもロングをする投手たちの層が大事ってことでもあるわけで。特にN・ゴンかな、左ってのもあるし。WBCではそのM・ゴンが不調で後を引き継いで試合投げきっちゃったし。Y・ゴンも頑張って欲しいです。


あとは、イバラがA代表としても通用するかどうかが大きな分かれ道でしょうか。

リリーフならアレキサンダー・ロドリゲスもぜひ見たいんですが、物好きなんでしょうかね。

2011.07.31 22:02 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。