スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:2011 CPBLオールスター

日本、韓国、台湾のオールスターが終わりました、なんかお祭りが終わったあとの虚しさと寂しさを感じるんですが楽しめたのでいいかな。





・オーダー
赤組白組
1番:CF張正偉1番:CF劉芙豪
2番:RF張志豪2番:LF鄭達鴻
3番:3B林智勝3番:RF張建銘
4番:1B彭政閔4番:1B高國慶
5番:LF陳冠任5番:DH潘武雄
6番:DH周思齊6番:3B張泰山
7番:SS王勝偉7番:C高志綱
8番:2B陳江和8番:2B藍少白
9番:C葉君璋9番:SS陳基
SP葉丁仁SP蔡豪



・スコア
赤組(象&猿)0010301016131
白組(獅&牛)200001010450



・投手
赤組:葉丁仁 ⇒ 銳 ⇒ 鄭鴻 ⇒ 羅曼 ⇒ 官大元 ⇒ 黃欽智 ⇒ 許銘
白組:蔡豪 ⇒ 林其緯 ⇒ 王鏡銘 ⇒ 蔡明晉 ⇒ 林英傑 ⇒ 沈傑 ⇒ 高建三 ⇒ 林岳平


試合詳細(CPBL)


・試合内容

初回、高國慶の2ランで白組先制
赤組が3回表張正偉、張志豪のヒットで1・3塁として林智勝が犠牲フライ、1点返す
さらに5回9番のところに代打黃浩然でヒット、張正偉ヒット、張志豪がライトへタイムリーと続いて同点に追いつく。途中出場の石志偉が歩いて2死満塁、陳冠任が内角のストレートを打って1Bが大きく弾く強襲のタイムリーで2点追加(赤4-2白)
6回白組は途中出場の林益全が中継ぎ左腕の林家瑋からライトへのHRで1点差に(赤4-3白)
7回表、赤組は2死から林智勝のセンターオーバーの3塁打のあと石志偉のセンター前タイムリーで1点追加(赤5-3白)
8回裏、1死1・3塁で高國慶。HRが期待されたが併殺打、併殺打の間に3塁走者生還(赤5-4白)
9回表、鍾承佑がライトへのライナー、ライトが落球、打者走者が2塁へ。2死2塁で林智勝が外角低めのストレートをライト方向へうまく弾き返して1点追加(赤6-4白) 赤組は最後に許銘が締めてゲームセット


○感想

まず最初にすごい結果残している・活躍している台湾人若手投手がいないのが残念。打者は大いに楽しめたけどね。
2つ目は台湾のオールスターだから台湾人が出て欲しいけれども、外国人投手が大きなウェート占めている台湾野球では途中加入の助っ人投手が出れないのは寂しく感じるんだよね。 ドラッカー、タイラー、グリンといった選手たちですが。

面白かったけど物足りなく感じる。台湾野球では多い1万人くらい集めていたみたいだけれど1リーグ4球団でやるってなるといろいろな仕掛けが欲しいかも。

出来るかどうかとかそういうのなしで考えると・・・例えば、台湾代表(アマ) VS CPBL(2軍若手&1軍若手)とかをフレッシュオールスターみたいな感じで先日行われたHR競争の前に入れる。それから今日のようなプロ同士の戦いを入れてみても面白いんじゃないかね?

途中加入の外人をオールスター(フレッシュオールスターでもいいけどさ)に出れるようにしていけば内容・結果(試合の質)ともに締まってくると思うのだけれど・・・微妙かな。
でも、いろいろ試していって客を引きつける努力をしていてほしいね、改革をしていっているというのをアピールするためにもさ。



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。