スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:CPBL後半戦展望、統一ライオンズ編

World Baseball Challengeなんですが、重すぎてライブが見れないんだけど(苦笑)
momi051の野球日記さんも同じこと言ってました。みなさんもその辺は気をつけてくださいね

○関連記事
「台湾野球:CPBL後半戦展望、Lamigo編」
「台湾野球:CPBL後半戦展望、兄弟エレファンツ編」
「台湾野球:CPBL後半戦展望、興農ブルズ編」



前期優勝の統一ライオンズ。しかし、後期はちょっと出遅れていて最下位
前記同様の強さを魅せつけることができるのか否か、ということで後半戦へ向けて戦力分析と行きましょう


・打線

統一獅オーダー
1番:RF劉芙豪
2番:CF朱元勤
3番:DH潘武雄
4番:3B張泰山
5番:1B高國慶
6番:LF楊松弦
7番:C高志綱
8番:SS許聖杰
9番:2B林志祥


陳基 が復帰しているかどうかよくわからないんですが・・・彼がいるなら3番SSで決まり。前期のMVPといってもよかったですからね、彼は。そうなると、潘武雄が5番に回る
内野の控えは、周廣勝、許聖杰あたりになる

外野陣は 郭岱 がいれば、彼をLFに入れてクリーンアップに入れるのもありますよね
場合によっては、楊松弦 が2番CFとかも考えられる


桃猿のベスト布陣に対抗できそうなのは統一でしょう、長打力があって上位から下位まで気が抜けない


・投手


先発陣はエースの潘威倫が怪我して新たに助っ人を補強。情報はこちら ⇒ 「海外野球情報:台湾・韓国」

羅伯特(Danel Reichert)、格林(Ryan Glynn)の助っ人2枚看板に、蔡豪、王鏡銘が中継ぎやったり先発やったり臨機応変に対応
その他新人の廖文揚なんかが最近は登板していましたね、打たれてましたけど

中継ぎは 高建三⇒林岳平の必勝リレーの他上記の2名(蔡豪、王鏡銘)に加え、張志強、林正豐、徐余偉あたりがメインですね
中でも林正豐、徐余偉はビハインドでもロングなんでもござれの便利屋で徐余偉は貴重な左腕といことで重宝していますよね。良く見かけました


統一は中継ぎの層は厚いし、勝ちパターンを持っているのが大きい。ビハインド展開でのロングもしっかりそろっているから、シーズン通して安定している
先発が潘威倫の負傷によりやや薄いものの、新たな助っ人獲得に乗り出すなど大きな穴とはいえないか


総合力では、やっぱり統一が一番ではないでしょうか
投手力では桃猿は中継ぎ陣がちょっと不安、兄弟も助っ人以外の先発陣がかなり弱いのと中継ぎ陣も枚数が少なめ
打撃力は控えとの差も大きくなく戦力的に安定しているのは統一と桃猿くらいなもの

後期で遅れて入るものの巻き返すチャンスはまだまだ有りますし、今後の戦いに期待といったところではないでしょうか
個人的には統一が後期も優勝かな・・・とか思っているんですが、どうなることやら

はじめまして。

はじめまして。
国際野球、特にキューバの野球に関心があり、このブログの記事を少し前から興味深く読ませていただいております。ありがとうございます。アテネ五輪辺りから、キューバ野球に魅力を感じ、可能な限り、代表の試合(の結果)はチェックしています。
World Baseball Challengeですが、日本(東芝)に快勝し、延長戦の末キューバにも勝つなど、台湾が強いですね。記事のとおり、プロはシーズン中なので、アマチュアで編成されていると思うのですが・・・。
キューバに関しては、WPTでは収穫が少なかった(カスティーヨ、セルセぐらい?)と思うので、近々開催されるALBAと共に収穫の大きい大会となってほしいです。
あまり記事の内容と関係なくて、すみません。

2011.07.17 18:39 あもう #- URL[EDIT]
Re:あもう 様

はじめまして。

はじめまして、あもう様。コメントありがとうございます


国際野球、特にキューバの野球に関心があり、このブログの記事を少し前から興味深く読ませていただいております。ありがとうございます。

こちらこそ、です。野球ファンからすれば、キューバは魅力的ですもんねぇ。かくいう自分も大好きですから。
まだまだ知識不足なんですが、これからもキューバ野球を追っていきたいです


アテネ五輪辺りから、キューバ野球に魅力を感じ、可能な限り、代表の試合(の結果)はチェックしています。

あの大会は盛り上がりました、日本(仙一)はいいカモというか盛り上げ役というかそんな感じでしたね(苦笑)


World Baseball Challengeですが、日本(東芝)に快勝し、延長戦の末キューバにも勝つなど、台湾が強いですね。記事のとおり、プロはシーズン中なので、アマチュアで編成されていると思うのですが・・・。

台湾はアマ編成です。とはいえ、台湾のアマは日本のアマ事情とは違ってプロにかなり近いレベルですからねぇ
このチームは11月のワールドカップも参戦すると思いますし経験を積んでなおのこと強くなるでしょう


キューバに関しては、WPTでは収穫が少なかった(カスティーヨ、セルセぐらい?)と思うので、近々開催されるALBAと共に収穫の大きい大会となってほしいです。

ALBAはキューバ以外はニカラグアとベネズエラだけしか参加しないみたいです(前回はベネズエラとキューバだけ)
ニカラグアはパンアメリカンに向けて若いメンツを試す場としていますし(記事に書いたので探してみてください)、ベネズエラは地元開催とはいえメンツは強くはないでしょう。このへんの事情は分かっていないんですが、おそらく国内のセミプロみたいな人たちが出てくるはず。

WPTは仰るとおりでいいかと。あと何個か収穫をだった点をあげるなら
D・イノホサがいいパフォーマンスができたとは言えないけれども先発で回ったこと、Y・ペドロソが好投、I・ヒメネスが中継ぎでロング・連投してもある程度の計算がたったことくらいかなぁ

コンセプシオンやラビなどの若手投手を先発で試す訳でもなく、打線も不発
首脳陣が打者の好不調の見極めも全然出来ていなくて、打順を素早くいじって対応するといったこともできませんでしたよね。
まぁ、右打者に偏っているキューバ打線はいじりにくいってのはありますがねぇ(特にWPTの代表は)


あまり記事の内容と関係なくて、すみません。

いえいえ。お構い無く。序盤に触れてはいますから、キューバについて。それになにより気楽にコメントしてくれるとありがたいです。

ここ最近は、台湾プロや韓国の話題ばっかでやや偏っていたからなぁ・・・偏らないようしているつもりではあるのだけど。他の国もいろいろ情報探しておきますし、キューバについても記事を書きたいと思っていましたから
ただ、うちはキューバ野球だけ取り扱うわけではないので、その辺はご了承(ご勘弁)下さい
自分が詳しくないということもありまして・・・

これからもよろしくお願いしますね

2011.07.17 22:22 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。