スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

2011 World Port Tournament 2日目

こ れ は ヒ ド イ

それより、映像で見たいよ・・・文字ミルのツマラン・・・


CubaCuracao
1番:RFRusney Castillo1番:RFBalentien Rudney
2番:2BYoilán Cercé2番:CFAscension Quincy
3番:3BDonald Duarte3番:SSGregorius Johnny
4番:CFYoelvis Fiss4番:CKirindongo Randolph
5番:1BWilliam Saavedra5番:3BCarolus Levi
6番:LFYasel Puig6番:1BSimmons Andley
7番:SSAlexander Guerrero7番:LFTrinidad Mirieldo
8番:CYenier Bello8番:CSnijders Ullrich
9番:DHUrmaris Guerra9番:2BMartina Heinrich



・スコア

RHE
Cuba0000310004114
Curacao10012020X693


・投手
キューバ:Dalier Hinojosa ⇒ Yadir Rabí ⇒ Ismel Jiménez

キュラソー:Manuel Ruderly ⇒ Gustina Gregory

試合詳細(公式:Play by play)


味方のエラーもあったとはいえイノホサは点をとってもらったあとに失点をして悪い傾向だったみたい
ラビも救援で登板するも、1与四球・1奪三振で I・ヒメネスに交代。

キュラソーはマニュエル君はかなり頑張ったと思う。正直、6回までめった打ちにされなかっただけで合格点でしたし、リリーフ入ったグスティナちゃんが2.1イニング投げて被安打1のナイスリリーフ。

逆に言えばキューバは初戦、直前に調整のため紅白戦をしたとはいえ試合勘で入りにくかったか。

なんか6回2死のチャンスでA・ゲレーロのところでサモンを代打に出してましたが、よくわからん。 相手の投手交代があったから?打点あげたとはいえそれまで2三振してたから?


で、その攻撃直後のキューバ7回守り。
E・アルブエーナをSSに入れてすぐショート内野安打が出て、バントやられて次打者にフィルダースチョイスで1死1・3塁のピンチ作ってショートゴロの間に失点、その後タイムリーも打たれて終盤に2失点とか

もう笑うしかねぇ。意味分からん、よりによってSS交代とかね。

今後の試合日程のため試合勘をつけさせる、国際試合を経験させる。たしかにそうなのでそこまで言うほどのことではないかもしれんが采配としてはかなりイミフだと思うよ、うん。
それこそゲレーロでチャンスの場面見たかった。

捕手はY・ベロでしたね。試合または対戦相手次第で、それとも先発投手ごとに変えていくのかな??
こちらはいろいろ試してほしいね、サンプルが今はほしいだろうし。

この打順はこっち来る前の紅白戦のやつだから調子で多少入れ替えるでしょう。いまいちよくわからない部分もあったりするけど、個人的には。特にプイグの6番は
あと、いじってみて欲しいという個人的願望。


投手起用としては、ヒメネスは、まぁ、本来は先発だけども国際試合とくにA代表となると先発には割り込める余地は限りなく薄く中継ぎ起用が多い選手なのでこれはいいのだけど。
ただ、ヒメネスを今日3イニングってことは3日間試合続くけど・・・どう回していくのか見物ですか。

ラビがほとんど投げていないので先発で回れるし、コンセプシオンもいる。他のメンツも使ってない。だが苦しいね、思ったより。

まさかキュラソー相手にこれとはなぁ。キュラソー頑張れ。

キューバはまだ始まったばっか。先程も言ったように試合勘などの問題も大きいから。今後に期待しときます、いろいろな意味で


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。