スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

台湾野球:CPBL 6/10 桃猿vs兄弟象



○オーダー

桃猿兄弟象
1番:CF鍾 承 佑1番:CF張 正 偉
2番:3B郭 修 維2番:RF張 志 豪
3番:2B郭 嚴 文3番:LF周 思 齊
4番:DH林 泓 育4番:1B彭 政 閔
5番:1B石 志 偉5番:DH陳 冠 任
6番:LF曾 豪 駒6番:3B黃 仕 豪
7番:RF蔡 建 偉7番:SS王 勝 偉
8番:C黃 浩 然8番:2B陳 江 和
9番:SS陳 雁 風9番:C陳 智 弘
SPSP泰勒


助っ人同士の投げ合い、桃猿のレイは今季7勝でTOPタイ、兄弟象タイラーは途中加入ながらそこそこの成績これからに期待のかかる選手


試合詳細(CPBL)

結果:兄弟象 5-1 桃猿

3回、兄弟象
失策、四球、安打で満塁にして4番彭 政 閔がライトへ2点タイムリー、続く絶好調の陳 冠 任が前進守備の2塁横を抜くヒットで4-0に

7回桃猿が4番林 泓 育、石 志 偉、曾 豪 駒の3連打で1点返す
1死1・2塁で黃 浩 然がショートライナーで打者はアウト、2塁走者は飛び出すもセーフ。1塁に送って併殺が完了
・・?ちょっとよくわからないんだけど、こういう珍しい場面があった
まぁ、直接じゃなくて落球したのをとったっていう話なのか?なんでゲッツーなのかわからんかったけど

しかし、代わった耿伯軒が1失点。その後、兄弟象の助っ人守護神、庫倫に抑えられてゲームセット


○選手評

兄弟象

・泰勒
立ち上がりから制球安定しないものの、(サイド気味というか少し低めの)スリークォーターからストレートを内に積極的に投げ込み、低めのカーブとチェンジをうまく引き出していました。
この前見たときはあんまし球速でてなかったように見えましたが、今日は145km前後をコンスタントに出せていました

・庫倫
復帰登板見たときは、球速が全く出てなかったけど、今日見たときは角度もあったし140km前半は出ていたんで、まぁ、合格点か
グラマンに似てるよね、いつも見て思うけど


桃猿

・銳
左打者へはスライダーやチェンジアップをしっかり投げれていたけど、右打者にはあんまし投げれていなくて結果的に満塁にした場面も味方のエラーなんかも絡んでいたものの苦しくなって四球やヒットを打たれてましたからね
その後のちゃちゃと冠任に打たれた場面もストレートに頼らざるを得なかった感じでしたし

まぁ、球速はかなり出てましたし、悪くはなかったんだが

・林家瑋
左のスリークォーター。ストレート、スライダー、チェンジアップともに切れがありました

・耿伯軒
いつもどおりの劇場開始って感じでしたね・・・いい球投げるときはいいたまなんですがね。
まぁ、もう球威なくなちゃったしコントロールも雑ですしねぇ。カーブとチェンジアップがいいときはしのげるんですが


○感想

内野エラーがいつにもまして多かった、特に兄弟象SSの王勝偉。なんでもない打球を、後ろに逸らすわ、握り直すわ、はじくわでひどいの一言。台湾代表レベルがこれじゃなぁ・・・

陳 冠 任は今日の試合で猛打賞、打率も4割にのせました。チャチャが4番に入ってるとやっぱり厚みがあっていい打線ですね、まだ怪我しているみたいですけど打撃自体は観る感じ悪くなかった


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。