スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

World Port Tournament キューバ代表、発表

久しくPCいじってなかったので、こんな情報出ていたんですねぇ


Roger Machado Leads Strong Cuban National Team to Rotterdam in June (BaseballdeCuba.com)

パンアメリカンとワールドカップに向けての前哨戦っていう位置づけですね。まぁ、同じ位置づけではWBC(ワールドベースボールチャレンジ、Inカナダ)もありますが

投手陣は参加している国のメンツ考えればこの布陣でも行けるんですかね、敵としてはオランダくらいでしょうし。ただ、中が薄いような気がするんですが

野手は上位から下位まで長打ありのメンツ、若手ならPuig、Guerreroは特に注目でしょうか
ただ、わりと遅咲きというかぱっとしなかったメンツもちらほらいるし、国際経験が寂しいといえば寂しいのですかね

参考までに、2010 Pan American Games Qualifying Tournament (Baseball-Reference)

まぁ、こっちと見比べてみると一目瞭然、びっくりするくらい若手中心、特に野手は。おまけに右打ちしかいない(苦笑)

投手はアルバレス、N・ゴン、ベラなどは外して、こちらも試してみたいメンツと勝ちに行くメンツを揃えて、といったところか。まぁ、今季はY・ゴンを始め、V・ガル、M・フォルチなども厳しかったしね
私的にはアレキサンダー・Rとか見てみたかったんだが

Ismel Jiménez、Dalier Hinojosa、Yadier Pedrosoはとりあえず先発確定、ConcepciónとYadir Rabíも先発ですが、貴重な左でConcepciónがロングリリーフ要員?


キューバ代表スタメン予想
1番:LFRusney Castillo
2番:SSAlexander Guerrero
3番:RFYasel Puig
4番:CFYoelvis Fiss
5番:1BYordanis Samón
6番:3BDonald Duarte
7番:DHWilliam Saavedra
8番:COsvaldo Arias
9番:2BYolián Cerce


なんか違うような気がするんだけどな・・・でも、クリーンアップはあの構成で間違ってないと思うんだ、ただ、Guerraが入る可能性のほうが高いかな、DHとか。
下位と1・2番もなんかよくわからない。詳しくないってのもあるんだけどさ(苦笑)

1・2番を入れ替えるか、Cerceを2番入れて、Alexander Guerrero、を5・6番あたりに組み込むというのも考えられますか

Cは経験でOsvaldo Ariasにしてみましたけど、ないかな・・・


なんというか、キューバを止めるのはオランダもですが、台湾しだいのような。ここがどういうメンツで参加するかによりますよね、キューバが苦戦するかしないかっていうのは
(台湾は今のところアマ中心と見ているんですが、どうなんでしょう?)

キューバですが、仮にダメでも次に繋がるメンツではあるし、おもしろそうだ
大会も盛り上がりそうだしね


本文と関係なく、申し訳なく...

こんにちは。青年海外協力隊が中国の地方都市で少年野球を教えているサイトを発見しました。既にご存知でしたらm(_ _)m 世界津々浦々の野球情報を集めてらっしゃる管理人さんに、まずはともかくお知らせします~。あまり面白みにかけるかもしれませんが^^;  http://ameblo.jp/kyusyudanjitakabblv/

2011.06.02 17:33 shibakawa #- URL[EDIT]
Re: 本文と関係なく、申し訳なく...

>コメントありがとうございます、shibakawa さん
いつもお世話になってます、このたびはご訪問ありがとうございます

こんにちは。青年海外協力隊が中国の地方都市で少年野球を教えているサイトを発見しました。既にご存知でしたらm(_ _)m 世界津々浦々の野球情報を集めてらっしゃる管理人さんに、まずはともかくお知らせします~。あまり面白みにかけるかもしれませんが^^; http://ameblo.jp/kyusyudanjitakabblv/

いえいえ、細かい情報ありがとうございます。
日本の方で取り組んでいる人っていうのは調べてはみたのですが、あんまし見つからないんですよ
なので、ありがたく見させてもらいます。
少年野球世代はなおのこと貴重なのではないでしょうか。
プロができて、大学でもやっていますし、MLBもプログラムを組んでますし、日本プロ野球球団も一応提携してはいますが、このような小さな世代を指導していらっしゃる方はまだまだ少ないでしょうから、中国は
市場としては魅力的だし、ネットをとしての知名度や潜在的なファンなんかはいるみたいですけど

2011.06.02 22:07 野球ふぁん #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。