スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海外野球情報:中国

関連記事 ⇒ 海外野球情報:中国

前に書いた記事がひどすぎたので、もう少し有益な情報提供をということで。役に立ってくれると嬉しいのですが・・・



A Brief Survey of Baseball in China, 1881-2010

そのまんま、中国野球の歴史


Bleacher Reportより
The Emergence of Baseball in China: Part I
Baseball in China, Part 2: Dodgers, Padres Settle Into Beijing

08年の記事で少し古いですが・・・香港の近くに住んでいるという人が書いている記事
Part1では、野球人気はないね、NBA人気だね。中国野球の歴史とCBLについて書いてあります。
Part2では、シアトル・パドレスによる野球普及プログラムについてなど
中国人のスター選手の台頭が望まれる、中国はひとりっ子政策なのでチームプレーも個人プレーも大事な野球はいいのではないか?的な話だと思われるが。


Chinese Baseball Association to Work With China Youth Baseball League to Develop Talent (The Biz of Baseball)

09年の記事、下の記事にも出てきますがQSLグループが育成プログラムに投資していくよ、って話


Baseball takes another swing at China (Asia Times Online)

なんかうざったい動画が再生されますが・・・
放映の問題において政府による規制が強く、MLB放映がうまくいかないことがあって、アカデミーや学校における教育プログラムに力をいれて長期的に取り組んでるって話が一番気になった部分か
まぁ、商売には時間かかるね、って話だ、一言で言えば


Baseball delivers its pitch to China (Yahoo! Sports)

MLBと中国野球の歴史・関係についてと五輪から外れて痛いね、という話


Baseball in China Striking out (The Economist)

どこの記事でも取り上げられてはいますが、ヤオ・ミン効果でNBAが人気
スポンサー収入などで稼いでいるNBAに続け、QSLというグループの話では最低でも10年はかかるねとか、そういう話


MLB to foster China's baseball Yao Ming on Tibetan Plateau (XINHUANEWS)
MLB to foster China's baseball Yao Ming on plateau (China Daily)

最新記事見つけたので、内容は同じものではあるが、下の記事のほうが詳しく書いてある
簡単にまとめると、13歳のチベット人の Sanandaj くんがMLBが中国に作ったセンターに入ることが決まった?、MLBはセンターの他、野球の教育プログラムを展開しており、大会などを開いているといった話


In China, mining for baseball diamonds (The Washington Post)

NBAの中国における経済的価値について、などなど中国野球の現状やビジネス要素の話が少し強め??で一番面白い記事だと思う


中国プロ野球の可能性-北京五輪会場の観衆への調査から-

石原豊一さんの研究レポート、この人が野球小僧の海外野球コラムの人かな?よくわからんけど。おもしろい内容なのでぜひ。特にアンケート結果なんかは意外に感じた

このレポートとワシントン・ポスト(など)の記事を見た感じ、
・中国における野球の認知度は意外にもネットを通じて高い
・また、興味・関心がある
・が、野球の知識は持ってない、接点がない
・選手は野球をやる環境が足りなさすぎる(ハード面など)
・(上記のことなどあって)ビジネスとして成立しねぇ
・スター選手が必要だ

といったところ、当たり前といえば当たり前ですが


○おまけ

A Chinese Take on the Baseball Metaphor for Sex and Dating

・・・くっだらねぇwww
まぁ、堅苦しい内容だったのでお口直しに、どうぞ


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。