スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

イ・デホ争奪戦?

書ききれない分は続きあげることにする





楽天が狙う 韓国主砲 FA権取得予定で争奪戦の可能性大(スポーツニッポン)
星野楽天“韓国三冠王”李大浩調査(デイリースポーツ)

これってどうなんだろう、イーグルスは真剣にほしがっているみたいですね
長打&右打者の不足を考えれば納得、助っ人打者ルイーズも全くですし、球団としては韓国人獲得で市場に食い込んでいこうということも考えられる

イーグルス以外に考えられるのは、ホークス、バファローズでしょうか…。(無理やりじゃないけど)他の球団の名前を挙げてみろと言われたらマリーンズ、スワローズ、ドラゴンズ、ジャイアンツですかね


ホークスは主力が小久保・松中・多村・カブレラ(オーティズ)と高齢者打線なのが大きい。それに金があって韓国人打者獲得経験のある。
前任者が失敗しただけに獲得するかと聞かれたら?で、それに、和田や杉内FAを考えると先発できる(外国人)選手が欲しいし

バファローズが一番の対抗馬でしょうか
右の長距離打者の不足はモチロンのこと、スンヨプ&パクが思いっ切りずっこけたので韓国でのビジネス展開継続(主に放映権)を考えれば、イーグルスよりは獲得したいって思っていても不思議じゃない
スンヨプを切れば年俸捻出もできるわな

他は、福浦、サブローと主力が年齢を食ってきたのと大松がパッとしない現状を考え長打者の補強をしに動きたい?また、韓国企業つながり&キムとセットで売り出したいなどを考慮すれば、マリーンズの可能性もあるかも

スワローズは今のところありえないだろうが、ホワイトセル次第(3Bでもいいというならもうちょい可能性が高くなるだろうが、畠山の3B我慢出来ないのにそんなことするはずがねぇ)
ビジネス的にはイムと一緒に売り出したいってのと、イムだと常時出場できないので、という考えでもあれば

ドラゴンズも韓国選手獲得経験がありますし、金もないわけじゃない。ブランコ・グスマンと長距離打者の成績次第で、可能性も…う~ん

ジャイアンツは、金があるし、小笠原、ラミレスの高齢化もある。育成を放棄し、小笠原を3Bで使えるというのであれば、1Bでの起用があり得る…いや、その前に先発外人だろ(苦笑)
おまけに、下に育成している台湾人投手が複数名いるし、彼らをいつ使うのか次第でもあるのか


まぁ、でも韓国選手のコストパフォーマンスって正直、優秀じゃないですから、なんともいえん
おまけに、今のイ・デホは代表+3冠王のタイトルが付いて回るので、否応にも高くなる。契約金とKBOへの海外FA補償金を含めて、2億~3億円は用意しなければいけないでしょう。

それなら、3Aから1億前後で3人探してきたほうがずっと安いし、効率いい
バレンティンがだいたい8千万ですからね(円じゃなくてウォンならいいんだが)

放映権とスポンサー獲得が絶対条件、投手ならエース級なら多少考えられなくはないけど、そういうケースは今のところないし、わからん。韓国人選手よりはKBO経由の外人の方が安上がりで済む話

でもここまで抜けているのであれば、スポンサーもつくだろうし活躍する可能性はあるから、とって大損ってのは考えにくい、ボムホやスンヨプみたいな成績じゃなければ

이대호 イ・デホ(KBO)

成績的には文句なしですが、イ・ビョンギュ&キム・テギュンを参考にすれば、打率は1割近く落ちて、併殺・三振の数はかなり増える可能性が高いでしょう。必要最低限の打率と四球を選んで長打を残せるか否かが問題

長打が大きく変わるかどうか、それはどこの球場に行くかが関係してくるでしょうけど、キム・テギュンは記憶が正しければ、夏場入る前くらいから失速して以降はHR打っていない気がしますけどね、20本くらい打ちましたが、全部前半稼いだやつだったはず
ちなみに、20試合程度が終わってテギュンは今季0HR(パのトップが7HR、セは13HR)、もともと長距離じゃないとはいえ、これなのでイ・デホの本数低下は十分考えられる、か

ボムホみたいな悲惨な成績にならないことを祈るばかりだ、くるのであればね
まぁ、でもビョンみたいな中途半端な成績で居座られるのも大きな問題ではあるか…


日本プロ野球選手の平均年俸、韓国選手より6倍以上(東亜日報)

そらなぁ・・・日本とアメリカでも10倍ってなりゃ、な

アメリカ行くよりは成功する可能性もあるし、韓国よりは稼げるし、地理的にも文化的にも近いし
NPB選んでいくというのは悪い選択じゃないよね

日本の球団ももっと安く手に入れば完璧なんだが、それは、日本人選手を取るMLBも同様か(笑)



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。